未分類

狭い土地でも建ててもらえる?!石友ホームの口コミを分析してみた!

※本記事はA8等のアフィリエイト、楽天アフィリエイト、Amazonアソシエイト、アドセンス等の広告を活用したり、記事単位で取材費をいただいた上で記事を執筆しています。


住宅メーカー選びは今後の暮らしや安心・安全にも関わってくるため、慎重に決めていかなければなりません。
中でも北陸地方での家づくりは独特な気候ということもあるため、耐久性や快適性にこだわりを持った住宅メーカーを探すことが重要です。
今回ご紹介する石友ホームは、地域に根差した家づくりができる住宅メーカーの1つです。
その他にも耐震性や耐久性にこだわりを持っていることから、安心して暮らせる住まいが実現します。
また、石友ホームでは狭い土地でも快適な家づくりが可能です。
この記事では、石友ホームはどのような住宅メーカーなのか、こだわりや強み、石友ホームの口コミや評判についてご紹介します。
石友ホームで家づくりを考えている方はもちろん、住宅メーカー選びが難航している方はぜひ参考にしてみてください。

石友ホームってどんな住宅メーカー?

石友ホームは創業当初、国内外の木材を取り扱う会社として立ち上げられました。
1948年10月に創業し、住宅メーカーとして動き始める平成元年まで、木材に向き合い続けたのです。
その結果、木材の知識はもちろん、物流などに関する情報が豊富になり、コストダウンも実現できるという圧倒的な実力を持った住宅メーカーとして知られるようになりました。
また、石友ホームは北陸に密着した住宅メーカーの代表格とも言えるほどの建築実績を誇っていることでも知られています。
木造注文住宅を手掛けて30年以上が経った現在、なんと17,500棟を超える建築実績があるのです。
長年積んできた経験、そして向き合い続けなければ得られない知識を武器に、北陸ブランドの家として成長し続けています。
現在は、安全性と快適性、省エネという観点からしっかりと考えられた家づくりが実現する「ウッドライフホーム」を含む多くのグループ会社を抱え、さらなる究極の家づくりを追求しています。

狭小地でも快適な住まいを提供

敷地についてしっかりと理解していくこと、暮らしやすさを重視していることから、石友ホームでは狭い土地での家づくりも可能です。
空間構成のため、光を取り入れる工夫や階層を増やすという工夫、高低差を付ける工夫など、様々な考案をしていきます。
北陸地方は日照も少ないため、狭小地での家づくりは特に多くの工夫が必要です。
例えば階層を増やす工夫では単に2階建てを3階建てにするのではなく、スキップフロアを活用して1.5階のスペースに作ります。
スキップフロアを作ることで、狭小地であっても縦の空間を活かした家づくりができます。
他にも吹き抜けを取り入れて光と開放感を演出したり、間取りをしっかりと計算しながら考えたりするなど、多方面から考えアプローチできるのが石友ホームです。
北陸地方で多くの家づくりを実施しているからこそ、実現できることの1つと言えるでしょう。

石友ホームが展開する商品について

次に、石友ホームが展開する商品「ila」についてご紹介します。
ilaは、7つのコンセプトで構成された木造注文住宅で、石友ホームの魅力が凝縮されているのが特徴です。
ここではその7つのコンセプトについて見ていきましょう。

敷地

家づくりにはデザイン性も求められますが、その前にその敷地と環境についてよく理解することが非常に重要です。
なぜなら、日当たりや風通しはもちろん、隣の家との兼ね合いや窓からの眺めなども住みやすい家を実現するために不可欠だからです。
敷地が持つ性質をしっかりと見定めながらお客さんの希望、想いを組み込んでいくため、より過ごしやすく居心地の良い家づくりが可能になります。
石友ホームでの家づくりは、基盤となる敷地を読み解くことから始まっていくのです。
狭い土地でも家づくりができるのは、このようなコンセプトがあるからこそと言えるでしょう。

外観

家族以外からも目が向けられる外観を考えます。
お客さんの好みだけでなく、街並みにも馴染んでくれる、そんなデザインを提案していきます。
建物だけでなく、外構も一緒に計画していくため、統一感・高級感のある外観に仕上がるのです。

間取り

家事効率の上がる動線はもちろん、家族で過ごす時間について考えられた間取りは、石友ホームならではの温かさがあります。
機能的で工夫が詰まった間取りとなるため、家事の時間が大幅に短縮できるのです。
家事を効率化することで家族と過ごす時間が増え、イキイキとした生活が実現します。

暮らしやすさ

石友ホームは間取りに加え、様々な観点から暮らしやすさを考えます。
日当たりや風通し、空間の広さや快適さなど、トータルで見てプランニングされていくため、自然とバランスの良い家づくりが可能になるのです。

使いやすさ

家事効率の上がる動線はもちろん、片づけやすい適所適量の収納スペースも使いやすさを考える上で大切な項目になります。
他にも、設備を美しく保ちやすいメンテナンスが簡単な設備を取り入れるなど、家中に使いやすさを考えられた工夫が施されています。
これらも心と時間の余裕につながるため、家族と過ごす時間を大切にできる家づくりには欠かせません。

共に作る家づくり

石友ホームは、設計や建築だけでなく、家づくりに関するすべてをサポートします。
共に家づくりをするという考え方で進められるので、土地探しや資金計画もプロと共に行っていきます。
家づくりに欠かせないプロセスを共に歩んでいくことで、より満足のいく家づくりが実現できると言えます。

安心

地震大国である日本で安心・安全に暮らせるよう、石友ホームは耐震性・耐久性の高い家づくりに注力しています。
いざという時に家族を守る場所となれるよう、安心の住まいを提供しているのです。

石友ホームが安心安全である理由

先ほどもご紹介したとおり、石友ホームは住まいに欠かせない要素として「家族の命を守れる住まい」を挙げています。
阪神淡路大震災が起きてから、耐震性を高めることに注力してきた住宅メーカーの1つでもあります。
さらに東日本大震災が起き、さらなる耐震性が求められると考えたのです。
ここでは、そんな石友ホームが行う地震対策について見ていきましょう。

積雪振動実験について

石友ホームが密着して家づくりを行う北陸地方は、屋根に負担がかかるほどの雪が降る地域であるということも課題となりました。
そのような気候にも考慮しながら地震対策の強化に注力しています。
石友ホームではそういった面でも安心してもらえるよう、「積雪振動実験」を行ったことでも知られています。
約1mの積雪を想定し、約7トンの鉄板を屋根に乗せたまま、阪神大震災と同レベルの振動実験を実施したのです。
その振動実験では建物の倒壊はなく、耐震性の高い住まいであるということの照明になりました。

制震装置のMIRAIE(ミライエ)が標準搭載

制震装置とは、地震の揺れを低減する装置のことで、オプションとして用意する住宅メーカーが多くなっています。
しかし、石友ホームの木造注文住宅には制震装置のミライエが標準搭載されているのです。
ミライエの特徴としては、エネルギー吸収性能の高い高減衰ゴムを使用していることが挙げられます。
ミライエで低減できる揺れはなんと最大95%で、何度も起きる余震への効果も抜群です。
さらに90年間メンテナンス不要という驚異の取り入れやすさを誇っています。
制震装置には様々な種類がありますが、地震対策としての効果、長期間利用できるという点を見ても、かなり満足度の高いものと言えます。

こういった取り組みから、石友ホームでは安心安全で長く住み続けられる家づくりも可能であることがわかります。

石友ホームの口コミや評判にはどんなものがある?

最後に、石友ホームの口コミや評判を見ていきましょう。
実際に石友ホームで家づくりを行った人の声を聞いてみることで、石友ホームの設計・建築についてだけでなく、スタッフの接客や石友ホームで家を建てるメリットなどもわかってきます。
石友ホームで家づくりを検討している方は、ぜひ口コミや評判も参考にしてみてください。

“北陸の気候風土は特殊なので大手よりも昔からここで家づくりをしている工務店さんに依頼するのが一番間違いないと思う。制震装置も標準で付けてくれる。昔ながらの技術だけじゃなくて、しっかり先進技術も扱ってくれるのは素晴らしい事だと思う。建具や造作も丁寧に作ってくれるから、大手には出来ない仕事をしてくれる。”
引用元:https://www.varesearch.com/toyama/3738/

雪や湿気など特殊な気候風土を持つ北陸地方では、やはり地域に密着した住宅メーカーで家づくりを行うことが安心材料になります。
石友ホームは30年以上の歴史ある住宅メーカーであることに加え、建築実績も17,500棟以上という豊富な経験を持っています。
これらは住宅メーカー選びにおいて非常に重要な要素となるでしょう。
また、昔ながらの技術はもちろん、適切で高品質な施工を提供する為に先進技術をしっかりと取り入れるのも石友ホームの魅力です。
大手住宅メーカーと比べ、施工も丁寧という点は大きなメリットになります。

“住民が快適に過ごせる家づくりにこだわっているハウスメーカーと聞き、このメーカーを選びました。実際に、打ち合わせが始まると、さすが、快適性にこだわっているだけあった、自分の家族のライフスタイルのことを考えて、何度もヒアリングしながら設計してくれました。なにより、私の住んでいる地域は、豪雪地帯なので、雪対策もしっかりしているところが安心できました。その上、地震に対する対処も考えての設計には予想以上の対応力だと思いました。また、料金も比較的安かったので助かりました。坪単価で50万円ほどだったと思います。”
引用元:https://minhyo.jp/ishitomo-home

家族のライフスタイルと快適性をどう組み合わせていくかという点は、住宅メーカーの腕の見せ所です。
快適な住まいを目指すなら、しっかりヒアリングしてくれるか?という点を見極める必要があるでしょう。
石友ホームは木造注文住宅を手掛け始めた当初から、何よりもヒアリングに力を入れている会社です。
さらに、豪雪地帯での家づくりや地震対策に自信を持って対応できる点は石友ホームの強みと言えます。

“マイホームを建てようとしても、最初はどう選べば良いか分かりませんでした。しかしながら、新築のプランやモデルハウスの見学などを丁寧に案内して下さったので、安心して検討することができました。住宅の購入は、今後の人生を左右する重要な選択です。スタッフの方々も優しく、解説もわかりやすくてどんなコースがあるのかを知ることにつながりました。そして一方的に家を売ろうとしてくるわけでもなく、こちらのニーズを的確にくみ取って相談に応じてくれたので、他のメーカーとは違うと思いました。どの会社にしようか迷っている人にはおすすめです。”
引用元:https://minhyo.jp/ishitomo-home

石友ホームは、モデルハウスの見学会なども積極的に紹介し、サポートしてくれるため、どのような雰囲気の家づくりができるのかというイメージが掴みやすいです。
人気に住宅メーカーということで建築棟数も多いため、見学会が多く開催されているのも石友ホームならではと言えるでしょう。
また、石友ホームは営業や接客対応もしっかりと丁寧であるため、安心して利用できるという声も多く見られます。
一口に「狭小地でも家づくり可能」と謳っていても、快適に過ごせなければ後悔してしまうでしょう。
しっかりと寄り添ってくれて、理想の住まいを現実のものにしてくれることも石友ホームの強みなのです。

まとめ

今回は、石友ホームの特徴や強み、口コミについてご紹介しました。
石友ホームは元々木材を取り扱う会社として立ち上げられたため、木材の知識やコストダウンの方法を豊富に持っています。
そのため、高品質で耐久性に優れた木材を使用した快適な住まいを実現できます。
敷地を考えることから始まるため、狭い土地でも採光や間取り、住みやすさを工夫することで広々とした空間に見せることも可能です。
また、耐震性や快適性へのこだわりも強いため、北陸地方でも1年を通して安心・安全に暮らすこともできるでしょう。
石友ホームではアフターサービスに関してもしっかりと体制を整えているため、万が一のことがあってもすぐに対応してくれます。
口コミでも高い評価を得ており、丁寧な接客で満足のいく家づくりができるため、住宅メーカー選びに悩んでいる方はぜひ石友ホームでの家づくりも検討してみてください。

 

関連記事

  1. 着物や日本の文化を体験できると噂のやまとハブを調査!
  2. 近畿産業信用組合のサービス情報 まとめ預金積立・貸出金 全国信用…
  3. ダイトーグループのその後が気になる!裁判全面勝訴の真相を追求!
  4. セルフィットコーポレーション業務内容を紹介!会社概要・事業概要・…
  5. トランスクリエイターズが扱う商品とは?副業で翻訳に挑戦したい人必…
  6. 霊波之光とは?誕生の経緯や入信方法などをご紹介
  7. 安いって噂だけど信頼できる!?ウッドライフホームの評判を調べてみ…
  8. 中古車販売のネクステージは信頼できる?利用者の口コミ評判の事実を…
PAGE TOP