未分類

兵庫錦秀会が運営する神出病院とは?診療内容や設備・評判を調べてみた

この記事では、兵庫県神戸市にある神出病院についてご紹介します。

神出病院は医療法人財団の兵庫錦秀会が運営し、錦秀会グループに属する病院です。
病院はそれぞれ診療内容が異なりますが、神出病院ではどんな診察が可能なのか、また設備の充実度も気になるところです。

今回は神出病院の特徴や整っている設備、さらに運営サイドの兵庫錦秀会と錦秀会グループについて調べてみました。
どのような時に利用できるのか、また安心して利用できる病院なのか、この記事から判断できるので、ぜひ参考に呼んでみてください。

錦秀会グループについて

錦秀会グループは大阪府大阪市住吉区に本部を構える医療法人です。

現在名誉会長である籔本秀雄氏が開設した阪和病院から始まり、今では系列病院が12病院、介護施設・在宅介護は16施設まで運営する大規模なグループへ成長しました。

さらに、大阪と神戸に看護師の育成を目指す教育機関があり、NPO法人健康寿命増進機構までも運営しています。

矢野経済研究所の市場調査によれば、病院グループの2015年度の決算では事業収益ランキングで第14位となっており、業績は順調のようです。

基本理念には「やさしく生命(いのち)をまもる」を掲げています。

厚生労働省は慣れ親しんだ土地で人々が生活を営めるように、住まい・医療・介護・予防・生活支援を一体的に提供できる、地域包括ケアシステムの構築を求めています。
錦秀会グループも医療と介護を隔てた考えではなく、全ての人が必要な時に両方のサービスを気軽に利用できる社会の実現を目標としているのです。

そのために、最先端の検査の研究開発や海外からの人材育成なども取り入れ、医療と介護の技術を磨き続けています。

兵庫錦秀会の概要

神出病院は錦秀会グループの系列病院になりますが、運営しているのは兵庫錦秀会という兵庫県神戸市にある医療法人財団です。

旧法人名は幸生会で、1998年から錦秀会グループに属しています。
その後、1999年11月に現在の法人名に名称を改めました。
兵庫錦秀会は神出病院以外にたちばな苑と西神看護専門学校を運営しています。

たちばな苑

神戸市西区にある介護老健保険施設で、神出病院と隣接しています。

老健となるので、主にリハビリや医療ケアが必要となる要支援・要介護の人が在宅復帰を目指すために利用する施設です。
入所中は食事や排泄、入浴などの生活支援を受けつつも、自宅である程度自立した生活が可能なレベルになるためにリハビリや医療ケアが受けられます。

長期的な入所以外にも、家庭の事情で在宅介護ができない場合に利用できる短期入所(ショートステイ)と、通院でリハビリや介護サービスを利用できる通所リハビリ(デイケア)の利用も可能です。

西神看護専門学校

錦秀会グループ系列の看護専門学校の1つで、神出病院やたちばな苑と同じく神戸市西区にあります。

厚生労働省より看護養育所に指定されており、1992年4月に設立されました。
学科は3年課程全日制の看護専門課程看護学科のみです。

こちらの専門学校を卒業することで、看護専門課程の専門士の称号を取得できます。
さらに、看護師の国家試験、保健師・助産師学校受験、養護教諭育成課程の受験資格を取得可能です。

神出病院の概要

神出病院は1963年に設立された歴史の長い病院で、現在の院長は大澤次郎氏が務めています。

では、神出病院の特徴、理念・方針など病院の概要をご紹介しましょう。

神出病院の理念について

病院理念は錦秀会グループと同じく「やさしく生命(いのち)をまもる」です。
施設は自然に囲まれた土地にあり、患者は安らぎのある空間で治療を受けられます。

神出病院ではあらゆる患者のニーズに応えられるように、幅広い治療に対応しています。
治療を受ける全ての人の不安や悩みを理解し、生命を守る病院づくりを目指しているようです。

病院方針について

病院理念の実演のために、次の方針を定めています。

①社会が求める高品質な医療の提供
②安らぎや温かみのある明るい病院をつくるための努力
③安全性を重視した医療環境の実現
④やりがいを感じられる活気のある楽しい職場環境の構築
⑤質が高く安全な医療を提供するために人材育成への努力

病院方針では患者に対してだけではなく、職員に対しても配慮している内容となっていました。

神出病院で働く医師や看護師などは病気を治す・病人を癒すことを使命と理解し、安心して受けられる治療を心掛けています。
そして、その高品質な医療を提供できるように、各職員は資質・技術・人格の向上にも努力しているようです。

近隣の医療機関と連携している

神出病院で対応できない他科専門治療もあります。

そのような患者をバックアップできるように近隣の医療機関と連携しています。
地域の医療機関と連携することで迅速な対応が可能です。

神出病院の診療内容・設備の紹介

神出病院ではどんな診察に対応しているのでしょうか?
また、病院の利用を考えている人は設備についても知っておくと安心できます。

それでは、神出病院が対応する診療内容と設備を見ていきましょう。

診療科目について

神出病院で対応している診療科目は次の5つです。

①精神科
②神経科
③内科
④心療内科
⑤歯科

病院には統合失調や気分障害など精神疾患を持つ方が治療に訪れます。
さらに、認知症や脳血管障害といった脳神経が原因の精神症状に対しても対応が可能です。

高齢化社会により、年々認知症を発症される高齢者が増えています。
神出病院にも認知症患者が多くの方が集まるので、認知症関連の疾患治療に力を入れているようです。

さらに身体合併症を引き起こすケースも多いため、それに対応できるように各病棟を設け、医療機器を充実させる、内科系医師を配置するなどして、高水準の医療レベルを保っています。

さらに他科専門の治療は近隣の医療機関との連携でフォローできる体制にしています。

設備について

神出病院はA棟とB棟があり、精神一般病棟と精神療養病棟が4病棟ずつ設置されています。

精神一般病棟は225床、精神療養病棟は240床、合計465床の入院患者を受け入れられる体制を整えており、精神科の病院としてはかなり大規模です。
設立当初は70床しかありませんでしたが、改装や増築を何度もわたって行い、床数を増やしていきました。

2005年には全面改装が完了し、病室はさらに綺麗で広い部屋になっています。
病室では、セントラル式オゾン脱臭設備を配置しています。

オゾンの効果により病室の空気は常に清潔が保たれ、快適な空間で患者は過ごすことが可能です。

医療設備ではX線・CT・エコー・心電図・脳波計などがあるので、各種検査が可能となっています。

神出病院の評判まとめ

最後に神出病院の評判について、職員の口コミから見ていきましょう。

医療スタッフとの連携もあり、指導やフォローなどもして頂けるので安心して学ぶことが出来ると思います。

新卒、未経験で入職したので、諸先輩方、看護師、PTなど様々な異業種よりアドバイスなどを頂け不安が少なく業務に携わることが出来た環境だと思います。

引用元:https://jobtalk.jp/companies/44151/answers/3896518

病院内では、教育や研修体制がしっかり整っているので、新卒の人も安心して働ける点に好感が持たれています。

自信が付けば向上心が高まるので、一人ひとりが質の高い医療の提供できる状態になっていると言えます。

患者や同職種から感謝の言葉をいただくとき。慕ってくれる頼ってくれる人がいること。

引用元:https://www.vorkers.com/one_answer.php?vid=a0A1000002H3fgm&qco=4

患者や医療に関わる人が神出病院や錦秀会グループを信頼していることが分かる口コミです。

自分たちに感謝してくれる人・頼ってくれる人がいることを実感できる現場です。

そんな人達に良いサービスを提供したいとやりがいを感じやすく、その気持ちが質の高い医療サービスの提供の実現に直結していると考えられます。

 

 

まとめ

 

今回は兵庫錦秀会が運営する神出病院についてご紹介しました。

神出病院は歴史の長く、そして神戸市内でも規模も大きな精神科病院です。

精神症状は気分障害以外に脳神経からくるケースもあり、近年は認知症を患う高齢者が増えている背景から幅広く対応できるように、設備や他の医療機関との連携を整えているようです。

これからも主に精神疾患や認知症に悩まされる方のために、医療技術のレベルアップを図りながら高度な医療を提供し、人々の命を守っていってくれるでしょう。

関連記事

  1. 勉強している人 トライ式高等学院に入学したい人必見!強みや口コミをご紹介!
  2. 兄弟 コロナ対応の取れたマイジム(My Gym)なら子どもも安心!
  3. 太平ビルサービスの求人情報比較と仕事内容の詳細についてまとめてみ…
  4. 働き方改革の現状と課題
  5. 黒板と勉強道具 家庭教師のトライ・個別教室のトライでアルバイトをするメリットとは…
  6. 近畿産業信用組合のサービス情報 まとめ預金積立・貸出金 全国信用…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP