評判

カリスマ社長 荒井正昭が手掛けるオープンハウスってどんな会社?従業員の評判に迫る

ビジネスマン

日本には数多くのカリスマ社長がいます。
今回ご紹介するオープンハウスの社長、荒井正昭氏も企業の成長を導いてきたカリスマと呼ばれるにふさわしい人物の一人です。

本記事ではオープンハウスについて色々まとめています。

どんな会社であるか、実績や他社にはない魅力、そして社長がカリスマと呼ばれる理由、さらには働く社員の評判など、さまざまなことをお伝えしていくので最後までご覧ください。

オープンハウスとは?

オープンハウスは東京都千代田区に本社を置く不動産会社です。
1997年の創業以降、多くの社員を出世させ今や社員の多くが年収1,000万円越えている一流の企業です。

そんなオープンハウスは荒井正昭氏によって創業され、現在も熱いハートで社員を支える代表者であります。
従業員数は2021年9月末時点で4092名東京証券取引所 市場第一部に上場しており、社会的信用も高いです。

事業内容は、不動産に関する多岐なものとなっています。
中でも主軸となっているのが土地や戸建ての仲介事業で、都心に戸建てを持ちたいという夢を持つ方のために都心の好立地の家を届けています。

オープンハウスは土地割に工夫を凝らしており、狭小地であってもデザイン性と機能性に優れた家を建てられる建築ノウハウと技術が強みです。

他の事業としてはマンション・ディベロップメント事業、不動産投資事業、不動産金融事業などがあります。
登録免許などは、宅地建物取引免許[国土交通大臣(3)第7349号]、不動産特定共同事業 許可番号 [東京都知事 第106号の登録免許番号]を取得しています。

オープンハウスの実績や他社との違い

オープンハウスは9期連続で過去最高の売上高と利益を更新し続けている企業です。

2017年度には3,000億円を突破して、2020年度には5,700億円を達成した成長スピードは目を見張るものがあります。2021年11月時点での情報では、今年度の売上高は8,000億円に到達するとのことで、さらなる成長に期待が高まっています。

そんなオープンハウスはこれまでに数多くの実績を作り出してきました。

東京証券取引所市場一部に上場の他、年間5,000件以上の住宅購入をサポートしており、2018年には海外にも事業を展開。2019年には東京都内木造3階建供給数No.1、さらには東京23区内と神奈川県では対象地域シェアNo.1を獲得し、年間約4,000棟もの戸建て供給実績も残しています。

このように他社を圧倒するような成長スピードを実現するのは、土地の仕入れから企画・計画・建築・販売までを一貫して行うことで好立地の家を届けられるからです。

豊富な自社物件から顧客のニーズに応えられる住まいを提供でき、注目住宅の場合は職人に直接契約を行うため、余計なマージンがかかりません。
そのため、一般的なハウスメーカーに依頼するよりも費用を安くできるのが特徴です。

さらにはオープンハウスでは他社物件も扱っています。
幅広い選択肢の中から要望にあった新築住宅と中古住宅も紹介できるため、たくさんの方から注目され、人気を集めているのです。

荒井氏がカリスマといわれる理由は?

引用元:https://recruit.openhouse-group.com/new-graduate/people/president.html

会社四季報に載り、東証一部上場となった今もベンチャー企業方針を変えずに突っ走ってきたオープンハウスは、社長でありカリスマとも呼ばれる荒井正昭氏が支えています。

荒井氏は1965年生まれ(現56歳)桐生南高校卒の人物です。
最終学歴は高卒、大学2浪という苦い経験もありますが、努力の塊ともいえるその存在は会社を大きく動かしています。

オープンハウスを創業する前は、とある不動産会社にて営業をしていました。
努力を欠かさずに10年間務めた不動産会社を離れて1996年にオープンハウスを設立し、当時はセンチュリー21の加盟店としてスタートしました。

荒井氏の活躍もあって3年で全国1位の売上を達成したその後は本格的に独立し、土地の調達から施行までを全て一貫サービスする会社へと成長します。

幅広いサービスで好評を呼んでいるオープンハウスは、売上高平均成長率30%を維持。
業界の平均は7%であることから、いかにオープンハウスが成長企業なのかが分かることでしょう。

そんなオープンハウスに一生懸命に貢献してくれる社員ですが、多くは荒井氏のひたむきな姿を見て成長しています。
もちろんブラックな働き方ではないですし、働きに見合った給料もきちんと支給されます。

その社員のほとんどが年収1,000万円レベルなので、社員のモチベーションはどんどん向上傾向にあるのです。
こんな好循環な流れを作り出すためには、仕事に楽しさを見出さなくてはなりません。

荒井氏は営業することの楽しさや成果を出すことの素晴らしさを伝えて、厳しい教育をしなくとも社員一人ひとりが輝ける環境を作り出しました。

社員全員がカリスマともいえるオープンハウスは、コロナ禍にも屈せず売上1兆円という大きな目標に向かって走り続けています

実際にオープンハウスで働いている人の口コミ

ビジネスマンたち

オープンハウスはカリスマ的存在に支えられ、多くの社員が成果を上げています。
実際に年収1,000万円クラスの人ばかりの会社となると、正直ブラックなのでは?と考える人もいることでしょう。

そこで続いては実際のオープンハウスがどんな環境であるのか、働いている方の口コミをご紹介していきます。

一般的な企業さんに比べると働いている方ですが、成長中の会社ということもあり、自分の裁量である程度若いうちから挑戦できるのはとてもいいことだと思います。人によると思いますが、やらされていると思う方はあまりこの会社には向いていないと思います。

引用元:https://www.vorkers.com/company.php?m_id=a0C1000000Q8VnS

同じ不動産業界を見ているとオープンハウスの仕事はやや忙しく、仕事量が多いとのことです。

しかし、仕事を達成すれば高い報酬が得られるのは間違いありません。
挑戦したい方・とにかく高収入を目指したい方にとってはピッタリの会社でしょう。

上を目指す気が全くなければ何年経っても成長もしないし、反対に上昇思考がある人は短期間で一気に成長する。目指す気がなくても究極普通の上場企業の平均年収以上はもらえるので、やる気がない人がいるのも事実。

引用元:https://www.vorkers.com/company.php?m_id=a0C1000000Q8VnS

オープンハウスはやる気次第でどんどん上を目指せる会社です。

淡々と仕事をしていても高い給料はもらえますが、周りからや顧客からの評価を得るということは仕事のやりがいに大きくつながっていきます。

成長し続けたいという方はぜひチャレンジしてみましょう。

他社が弱ってきた際に強気でM&Aをするように思うので、時がくれば1兆円のみならず2兆、3兆と成長していくと思います。創業社長がまだ若く、エネルギッシュなのでそのあたりの展望は明るいと思います。

引用元:https://www.vorkers.com/company.php?m_id=a0C1000000Q8VnS

オープンハウスはコロナ禍でも大きな打撃を受けることなく成長し続けている企業です。
現在は売上高1兆円目指していますが、そのゴールは目前となっており、さらなる高みを目指し実績を積み重ねています。

今後も安泰なオープンハウスで安心できる人生を過ごせるでしょう。

まとめ

引用元:https://oh.openhouse-group.com/kanto/

今回は急激に成長スピードを高めたオープンハウスについてご紹介してきました。

東証一部上場企業で業界屈指の成長率、そして海外展開に、多数の商圏で地域ビルダーNo.1を獲得している姿は大変魅力的に感じることでしょう。

そんな立派な企業に育て上げた代表、荒井正昭氏もまた、魅力あふれる人物であります。
自身の努力を実らせた実体験が、オープンハウスの社員にも受け継がれており、努力次第で誰でも輝ける会社は向上心あふれる人ばかりです。

年収1,000万円に達する人に囲まれた仕事は、高いモチベーションを維持できることも間違いないでしょう。
働いている社員の声を覗いてみると、「展望が明るい」「短期間で一気に成長できる環境である」など、満足して仕事を続けられる環境であることが分かります。

チャレンジしてみたいという方はぜひ応募してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 一級建築事務所の株式会社ROMANってどんな会社?求人情報や実績…
  2. 太陽光発電 太陽光発電の和上ホールディングス、採用情報や口コミ評判を調べてみ…
  3. 株式会社ステージプランナーの評判は?幅広い事業内容と顧客目線のサ…
  4. 小顔を実現する銀座マイアミ美容外科の厳格なルールとは?
  5. 【口コミ・評判】コロナ禍での成人を救う?きものやまとに注目!【徹…
  6. はてな キーネットワークの口コミ・評判は?突然来る電話の内容とは
  7. 光回線を利用するならCひかりがおすすめ!他社と比較してみた!
PAGE TOP