未分類

安いって噂だけど信頼できる!?ウッドライフホームの評判を調べてみた!

※本記事はA8等のアフィリエイト、楽天アフィリエイト、Amazonアソシエイト、アドセンス等の広告を活用したり、記事単位で取材費をいただいた上で記事を執筆しています。


北陸で暮らしている人の中には、北陸ならではの気候風土に合った住まいを提案しているウッドライフホームが気になっている方も多いでしょう。
そこで今回は、ウッドライフホームの評判や口コミを中心に、家づくりのコンセプトやこだわりをお伝えします。
なぜローコストで高品質の住まいが実現できるのか、安さの秘密も紹介しているので、ウッドライフホームが気になる方をはじめ、マイホームを検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

ウッドライフホームってどんな会社?基本情報をチェック!

ウッドライフホームとはどのような会社なのか、会社概要や事業内容など基本的な情報を確認していきましょう。

【会社概要】
社名:ウッドライフホーム株式会社
本社所在地:富山県高岡市下牧野33-1
代表:代表取締役 石灰 一友
設立:2006年10月

【事業内容】
・注文住宅の設計施工
・分譲住宅販売
・土地分譲販売
・総合建設業

ウッドライフホーム株式会社は、北陸を中心に注文住宅の設計施工を手掛ける石友ホーム株式会社のグループ会社の1つです。
注文住宅の設計施工のほか、分譲住宅販売や土地分譲販売を手掛ける総合建設業で、富山県高岡市の本社をはじめ、富山県・石川県・福井県・滋賀県に10の支店を構えています。
ウッドライフホーム自体の設立は2006年ですが、前身となる石灰木材は1948年創業の歴史ある企業です。
また、グループ全体では14年連続で北陸での着工棟数1位を獲得するという実績があり、地域の特色にも対応した快適な家づくりに定評があります。

ウッドライフホームの商品ラインナップとこだわり

ウッドライフホームの基本情報を押さえたところで、続いては商品ラインナップや安心・安全へのこだわりを見ていきましょう。

ウッドライフホームの商品ラインナップ

注文住宅の設計施工を中心に分譲住宅販売や土地分譲販売を行っているウッドライフホームでは、目的に合わせて6つの商品ラインナップを提案しています。

mamoru(まもる)

ウッドラーフホーム最上級の性能を兼ね備えたZEH仕様の住宅です。
高い断熱性能で光熱費を削減するとともに、ヒートショックなどの心配がない経済的かつ環境に優しい住まいを実現します。
国が定める省エネ基準にも対応しています。

Yutori(ゆとり)

充実の基本性能と4つのゆとりアイディアで住まいの質と暮らしを確保しつつ、ゆとりある毎日を実現する住宅です。
見守り型キッチンや多種多様な使い方ができるファミリーエリアなど、子育て世帯に嬉しいアイディアで、家族のコミュニケーションの輪が広がります。

Storage(ストレージ)

住まいの至るところに収納スペースを確保し、暮らしやすい環境を実現しています。
家事をしながら子どもの学習を見守れるきっちんデスクや、パソコンや図鑑を収納できるだいにんぐライブラリーなど、子育て世帯にとって魅力的な設備が満載です。

Mama’s (ママズ)

家事や子育てで家をフル活用するママの暮らしやすさを考えたアイディア満載の住宅です。
ママ目線に立って間取りや設備が考えられているので、家事や育児を効率良く行えます。

asovo(あそぼ)

雨や雪の日でも思いっきり遊びたいという子どもの願いを叶えた住宅です。
ロフトにつながる上り棒や、ブランコにハンモック、ボルダリングなど、子どもたちが全力で遊べる子ども部屋を提案します。
子どもが成長し、一人部屋が必要になる年頃になったら空間を仕切り、個室にすることも可能です。

LeFort(ル フォール)

長期優良住宅の認定基準を満たした住宅です。
長く快適に住むために、耐震性能や省エネ性能にこだわっているほか、生活環境の変化に対応できるよう可変性のある間取りを採用しています。
徹底した品質管理で劣化対策にも力を入れており、次の世代に受け継ぐことができる住まいを提供しています。

ウッドライフホームのこだわり

ウッドライフホームは、安心・安全の住まいを実現するためのこだわりを持っています。

安全へのこだわり

ウッドライフホームで使用する建材は、AQ認証を受けたグループ会社のプレカット工場で加工されています。
高い加工精度により、手加工に比べ1.5倍以上の強度を持たせることが可能です。
また、構造用の木材は、1本1本すべて検査しており、基準を満たさない部材は使用しないという徹底ぶりで、住まいの安全性を高めています。

安心へのこだわり

木を腐らせるシロアリや腐朽菌対策として、国内最高レベルの防腐防蟻処理を行っています。
最新技術を取り入れた処理により、安心して長く住める家を実現します。
また、ウッドライフホームでは、最大95%の揺れを吸収する制振ダンパーを全棟で取り入れています。
地震によるダメージを軽減することで補修を最小限に留め、繰り返し発生する地震から大切な住まいを守ります。

ウッドライフホームのコンセプト

ウッドライフホームでは、北陸の独特の気候風土に対応し、快適かつ安心に暮らせる住まいの実現はもちろんのこと、家を建てた後も住宅ローンに圧迫されず、ゆとりある生活を送れるようにと6つのコンセプトを掲げています。

外観デザイン

住む場所の環境に適したデザインを提案しています。
総2階を基本としたプランニングによって高いコストパフォーマンスを実現するとともに、シンプルなフォルムで耐震性にも優れた効果を発揮します。
また、ウッドライフホームでは汚れがつきにくく、耐久性に優れた外壁材・屋根材を採用しています。
これにより、地震はもちろん、積雪の多いエリアでも安心して暮らせる住まいを実現しているのです。
外壁材の種類も豊富で、好みに合わせてお気に入りの外観をデザインできる点も魅力です。

暮らしやすさ

暮らしやすい間取りは、住む人やライフスタイルによって変わります。
ウッドライフホームでは住む人の暮らしに合わせたプランニングで、コミュニケーションが取りやすく、効率的に家事をこなせる暮らしやすい住まいを提案しています。
また、敷地に合わせて窓の位置や形状、吹き抜けを採用し、光と風を取り入れることで心地良い住まいを実現しています。

構造や工法

ウッドライフホームでは、日本の伝統的な工法「木造軸組工法」を採用しています。
木造軸組工法は北陸ならではの気候風土に適しているほか、増築や改築など間取りの変更にも柔軟に対応することが可能です。
また、伝統的な工法に金物工法など最新の技術をプラスすることで、より安全性を高める取り組みも行っています。
さらに、建物全体に防腐・防蟻処理も行っているのでシロアリの脅威にも負けず、長く安心して暮らせる住まいを実現しています。

仕様や設備部材

ウッドライフホームでは、キッチンや浴槽など気になる水回り設備にもハイグレードなものを標準採用しています。
食器洗い乾燥機やIHクッキングヒーター、人工大理石のシンクなど、人気の高い設備がセットになっているので、経済的メリットも大きいです。
また、断熱性が高く結露にも強い断熱アルミ樹脂複合サッシ+Low-Eペアガラスを採用しているのも嬉しいポイントです。

住まいづくり

ウッドライフホームでは、木材の輸入から設計、施工、管理にアフターサービスまで、家づくりに関するすべてを石友ホームグループ全体で対応できます。
グループ企業ならではの総合力で、徹底したサポートが受けられる点も魅力の1つです。
また、厳選した良質な素材を使うことで、建物全体の安全性を高める効果も期待できます。

価格

人生で一番大きな買い物と言われることもあるほど、住宅購入は経済的な負担も大きいものです。
だからこそウッドライフホームでは、合理的なプランニング手法や適正価格での標準仕様を設定することで、ゆとりをもって暮らせる住まいづくりを提案しています。
さらに石友ホームグループが木材を一括仕入れすることで、価格を抑えることに成功しています。
グループ企業ならではの強みと言えるでしょう。

実際の評判は?ウッドライフホームで住宅購入した人の口コミを紹介!

ウッドライフホームのこだわりやコンセプトをご紹介しましたが、実際に利用した人からはどのような口コミ・評判が上がっているのでしょうか?
ここでは、ウッドライフホームを利用した人や住宅を購入した人の口コミをピックアップしてご紹介します。

“家を建てるって最大の買い物、私達家族は貸家、中古家、アパート、実家(TK)建売住宅に住んで見て他社モデルルーム何軒も見てウッドライフホームに決めました。
標準装備のグレードが良かった事、でもそのままだととても平凡、安く建てられる分オプションで色々追加工事してもらいました。
住んで4年とても快適に住んでいます。
特に冬、結露無し、暖房費のかからない事蓄熱暖房2台で半袖でいられます。ちなみに6LDKです
安くなる理由は壁紙900円~2000円の物があれば1000円の物から選びます家全体でコストダウンって感じ
ちなみに私の姉がMHホームで建てましたが家と一緒の壁紙でしたよ。
人間の考え方感じ方は色々ですが、そんな悪く言われるメーカーじゃ無いと住んで見て思います。”
引用元:https://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/9677/res/462-487/

寒さの厳しい北陸で、冬でも半袖でいられるほどの暖かい住まいは魅力的なポイントです。
マイホームを選ぶ際、何を重視するかは人によって異なりますが、コストを抑えつつ高性能な家を建てたいならウッドライフホームは選択肢に入ってくるでしょう。

“昨年新築しました。担当の方はほんとに親身になって相談にのってくれ、いろいろな要望をほぼすべて実現してくれました。コロナ禍でしたが、予定通りに完成し、入居できました。暮らしはじめて4か月ほど経ちますが、とっても快適で、冬もあたたかく、オールなのに電気代もそれほど高くなく、こうすればよかったと後悔するところは一つもありません。ぜひおすすめします。”
引用元:https://www.e-kodate.com/bbs/thread/9677/

電気代が高騰する昨今、オール電化でも電気代がそれほど高くないというのは魅力的です。
また、後悔するところが1つもないと言い切れるのは、理想を叶えた住まいを実現できたからだと言えます。

“実際にウッドライフホーム で今年建てた者です。確かに引き渡しを迎えるまでに色々ありましたが、それは家づくりに必要な事柄で忙しかっただけでした。実際営業さん、監督さん、設計さん、大工さん、インテリアコーディネーターさん、皆さんとても良くして頂きました。私が運良くそうなっただけなのかもしれませんが…笑おかげさまで私個人的には大変満足の家が建てられました。たぶんウッドに来られるお客さんの中では間取り、設計、内装等々かなりの打ち合わせ回数と時間を割いて(頂いたためw)打ち合わせしたのが結果的に良かったのだろうと思います。(実際その辺のやり取りが雑というか少ない方も結構いらっしゃるようです。)”
引用元:https://www.e-mansion.co.jp/bbs/thread/9677/res/751-795/

家づくりでは決めなければならないことも多く大変ですが、ウッドライフホームで満足のいく家づくりが実現できたようです。

今回口コミを調べてみて感じたのは、ウッドライフホームの性能や価格に満足しているのはもちろんですが、担当者をはじめ、関わるスタッフにも感謝している人が多い印象を受けました。
住宅という高い買い物だからこそ、満足のいくものにするには担当者との相性も大切です。
ウッドライフホームに興味を持った方は、まずは一度住まいづくりについて相談しながら、担当者との相性もチェックしてみてください。

まとめ

今回は、北陸を中心に注文住宅を手掛けるウッドライフホームについてご紹介しました。
ウッドライフホームは、北陸の気候風土に合った快適で暮らしやすい住まいをローコストで提供しているハウスメーカーです。
なぜ低価格で品質が良い住宅の提供が可能なのか、不安に感じている人もいるようですが、その答えはグループ会社ならではの一括仕入れなどにあります。
石友ホームグループでは大量の木材をまとめて仕入れることでコストを抑え、適正価格での提供を可能としているのです。
また、ウッドライフホームでは不動産の選定から設計、木材の加工、施工、管理に至るまで、グループ会社で一貫して行っているので、建てた後も安心して暮らせる点も魅力です。
「マイホームが欲しいけどどこを選べば良いかわからない」「長く快適に暮らせる家が欲しい」と考えている方は、ウッドライフホームを候補に入れてみてはいかがでしょうか?
ローコストで高品質の住まいを実現できるのはもちろんですが、一人ひとりの暮らしに合った間取りや設備で、家族が安心して暮らせるマイホームを実現できるでしょう。

関連記事

  1. 谷口和則が手掛ける不動産事業・飲食事業とは?谷口実業ホールディン…
  2. テクノクリエイティブの口コミ評判に付いて検証してみた
  3. 顧問名鑑の評判は?口コミ・社風・採用情報を徹底調査!
  4. 株式会社キャリアプランの口コミ・評判はどう?塾の特徴や強み、社長…
  5. 中古車販売のネクステージは信頼できる?利用者の口コミ評判の事実を…
  6. 霊波之光 宗教
  7. 太平ビルサービスの求人情報比較と仕事内容の詳細についてまとめてみ…
  8. 働き方改革の現状と課題
PAGE TOP