Great企業診断

低価格でもしっかり資格の勉強ができる?サイトビジットの資格スクエアでできることは?

資格を取得したいと思った時に、お金がかかってしまうことがネックになって、なかなか勉強ができないという人は多いのではないでしょうか?
できるだけお金をかけずに独学で勉強することももちろんできますが、それでは効率が良いとは言えません。
そのため、できるだけコストを抑えて資格取得を目指したいと思う人が多いはずです。
そのような思いを抱く人におすすめのサービスがあります。

それが、株式会社サイトビジットによって運営されている資格スクエアです。
今回は、資格スクエアに焦点を当ててどのようなサービスなのかご紹介しましょう。

資格スクエアについてはこちらの記事でも調査しています!
https://www.white-great-company.com/shikakusquare/

 

資格取得ってお金がかかる…!

資格を取得しようと考えた時に、参考書を購入したり、資格取得をサポートしているスクールに通ったりすることを検討する人は多く見られます。
確かにそのような方法で勉強していけば、目標としている資格を取得できる可能性は高まるでしょう。
しかし、参考書を購入して独学で勉強する場合は、モチベーションの維持が難しく、資格試験までに必要な勉強ができなくなってしまう可能性がないとは言い切れません。

だからといってスクールに通うことにすれば、教材費や受講料などが必要になるため、かなりコストがかかってしまいます。
資格取得のために必要なコストだと思える人もいますが、「そこまでコストをかけて勉強したくない」と思う人もいるはずです。
「そこまでコストをかけて勉強したくない」と思う人向けのサービスは、まだまだ数が少ないですが存在はしています。
その中の1つが、株式会社サイトビジットが手掛けている資格スクエアなのです。

 

サイトビジットが提供する資格スクエアとは?

資格スクエアは、株式会社サイトビジットが運営している資格取得のためのオンライン学習サービスです。
次は、資格スクエアがいったいどのようなサービスなのか解説していきます。

資格スクエアとは?

資格スクエアは、予備校や通信講座とは全く違う新しいタイプの学習方法を提供しているサービスです。
仕事をしていたり、子育てをしていたりすると、通学型の予備校に通って勉強するのは難しいと感じる人が多いです。
通うことができたとしても負担が大きくなってしまい、学習を続けていくことがストレスに感じてしまう人もいます。

さらに通信講座の場合は、テキストがたくさん送られてくるけど、それに対するフォロー体制が整っていないというケースも少なくありません。
それではテキストが揃っていても独学と何ら変わりありません。
それでも資格を取得できる人もいますが、資格スクエアではこれまでのデメリットを改善するために合格への道筋を明確にすることを意識しています。

資格スクエアで学べること

資格スクエアでは、

・予備試験
・司法試験
・弁理士
・司法書士
・社労士
・行政書士
・宅建士
・賃貸不動産経営管理士
・信託財務プランナー
・ビジネス会計検定
・G検定
・ビジネス実務法務検定

といった資格や検定に向けた学習サポートを行っています。
仕事に活かせる資格もあるため、資格スクエアで学ぶことでキャリアアップも目指せるでしょう。

 

資格スクエアは低コスト?

資格スクエアは、充実したサポート体制を確立しています。
それでいて低コストだというのは、にわかに信じがたいという人もいるでしょう。
そこで続いては、資格スクエアがコストを抑えたサービスを提供できている理由についてみていきましょう。

コストカットしている部分

資格スクエアでコストカットしているのは、大きな校舎や広告宣伝費です。
校舎を維持するために費用や広告宣伝費というのは、かなりコストがかかる部分になります。
そのため、通学型にも対応しようとした場合は、コストカットが難しかったと考えられえます。

またサイトビジットは、広告もほとんど出していません。
広告宣伝費も予算の大半を占める場合があるため、カットできるのはとても大きいと言えます。
大幅なコストカットができたことで、資格スクエアは低コストサービスとして提供することができたのです。

必要な部分はカットしない

コストを抑えられる部分はカットしていきますが、テキストや講義、サポート体制などに関する部分には惜しみなく投資しています。
そうすることによって、利用する人のネックになる価格を抑えながら、質の高いサービスが提供できていると考えられます。
資格スクエアのような学習支援サービスであれば、校舎を用意する必要もないので、とても理にかなっているコストカットの結果だといっても過言ではないでしょう。

本当に身につくの?資格スクエアの実績を紹介

資格スクエアは、これまでに多くの人をサポートし、数々の実績を残してきました。
具体的にどのような実績があるのか確認しないと本当に身につくのか半信半疑だという人もいるでしょう。
そのため、最後は資格スクエアの実績や合格者の声をご紹介します。

実績

予備試験は、合格者の3.2人に1人が資格スクエアで学んでいた人という結果がでています。
2019年の予備試験においては、476人が合格したのですが、その中の147人は資格スクエアの受講生でした。
これはかなり高い数字なので、コストを抑えて合格したいな資格スクエアで学ぶべきだという風潮が予備試験や司法試験を受験する人の中で生まれつつあるのです。

予備試験以外の実績は具体的に掲載されていませんでしたが、どの講座もサイトビジットのノウハウが詰め込まれているので、高い合格率が期待できるでしょう。

合格者の声

実績に関して具体的な数字が示されていない講座でも、合格者の声は掲載されています。
どのような声が上がっているのかみていきましょう。

加藤先生の総まくり講座を受講
“6月頃から短答対策と論文の勉強を行っていました。しかし、漫然と勉強しているだけで、効果的な勉強ができているのかどうか不安でした。そのため、インターネット等を利用して色んな予備校の教材や配信講座を探しました。その過程の中で、加藤先生の総まくり講座を見つけました。当初は受講するか悩みましたが、司法試験終了直後に加藤先生の作成した模範答案や今後の受験対策について動画やブログで情報発信しているのを見て非常に興味を持ちました。自分自身試験終了後に不合格の可能性が高いと思った原因について、基礎知識すなわち、Aランク論点について穴があるのではないかと思ったので総まくり120を受講しました。”
https://www.shikaku-square.com/shihoshiken/2018_taikenki4

自分自身の苦手分野について気が付くことができ、そこを重点的に学べるのも資格スクエアの強みだと言えます。
この方のように穴がある部分に気が付くことができ、合格できたという人は他にもいるはずです。

リーズナブルに受講できる
“資格スクエアで受講開始するときは、知財業界に入ってまだ2年目だったので仕事を身につけることを優先しようと思っていました。 そのため、とりあえず前年他校で勉強して得た弁理士試験に関する知識を維持できればいいと考え、比較的リーズナブルな資格スクエアを選択しました。 正直ウェブサイトを見るだけでは不安でした。授業はオンラインでしかないし、他校に比べ安いので本当に大丈夫か?という気持ちでした(笑)。 ただ、授業を聞いてみると菊池先生の話が自分に合っていたためか、気づいたら本気になっていました。”
https://www.shikaku-square.com/benrishi/interview_2019_1

価格が安いとやはり不安になってしまう人はいるものです。
しかし講座を受けてみるとその不安は払拭されたというのがこの口コミです。
中には合わない人もいるかもしれませんが、合えば合格までスムーズに歩んでいける可能性が高いということになるでしょう。

まとめ

株式会社サイトビジットが提供している資格スクエアは、リーズナブルな価格で資格取得を目指せるサービスとなっています。
価格がリーズナブルなだけではなくオンラインで完結するため、不安に感じてしまう人もいるかもしれません。
しかし、これまでに数々の実績を残していることから、確かなノウハウを提供してもらえることが分かります。

予備試験や司法試験などの受験を検討している人は、資格スクエアで学んでみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 物流業界=ブラックはもう古い!L物流株式会社の働き方!
  2. ブラック企業ってこんなにあるの?!「ブラック企業・ホワイト企業マ…
  3. 日本クリオ 10年連続増収増益&連続決算賞与支給!日本クリオのホワイト求人
  4. 「給与明細」しっかり確認すれば職場のホワイト度が分かる!
  5. ビジッツテクノロジーズ ビジッツテクノロジーズとは?評判は?人工知能で人間の能力を判断?…
  6. アリスマー アリスマーのArithmerOCRとは?東大発!高度なAI技術で…
  7. 職場がブラックでも「ホワイトな生き方」は可能?あるYouTube…
  8. 「新人研修」のあり方を見直してホワイト企業を増やそう!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP