Great企業特集

何が良いの?資格取得のための「資格スクエア」の実態を調査!

コロナの影響で外出自粛が多くなり、以前とは勉強のやり方も変化してきました。
法律系の資格取得を目指す方の中にはオンラインサービス「資格スクエア」での学習を考えている方もいるでしょう。
法律資格は司法試験や行政書士など難関試験が多く、参考書や問題集を買って独学で勉強しようと思っても長続きしないことがあります。
特に仕事やアルバイトを続けながら勉強する場合には、いかに効率良く時間を使い、勉強時間を確保するかが大切です。
そこで今回は、資格取得のための「資格スクエア」の実態について調査しました。
資格スクエアの特徴やメリットやデメリットを解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

資格スクエアとは資格取得対策用の勉強ツール

2013年に始まった資格スクエアは、独自のメソッドに基づき、最短合格のための勉強法を適正価格で提供しているサービスです。
株式会社サイトビジットが運営しており、代表が弁護士資格を所持していることから難関法律資格に強いオンライン学習サービスとして知られています。

予備校や通信教育と異なるサービス

資格スクエアのサービスは、予備校や通信教育、Eラーニングとは全く異なり、本当に重要な部分にだけ費用と時間を割いています。
例えば、通学型の予備校では校舎に費用がかかりますが、資格スクエアはITで授業を提供することで校舎費用をカットしています。
広告宣伝費も大胆に削りました。
その分テキストや問題演習、講義、サポート体制に費用の大半を投じて、価格を抑えながら質の高い授業を提供することに尽力しています。

独自の学習メソッドとIT技術を活用した新しい教育サービス

従来の通学型の予備校では毎日通う必要があり、利用者本人や家族にも負担がかかりやすくなっていました。
通信講座は大量のテキストが送られてきて、日々それを黙々とこなしていく作業となるため、モチベーションが維持しにくいという点が問題です。

資格スクエアは独自の学習メソッドとIT技術を掛け合わせたものであり、全く新しい教育サービスです。
自宅や外出先でも授業が受けられるため、通学の必要はありません。
講師のサポートもあるので、独学の辛さや寂しさも感じにくいでしょう。
資格スクエアは特許を取得した独自の学習システムで、難関法律試験の合格を導いているサービスです。

資格スクエアの3つのメソッド

資格スクエアのサービスは、3つのメソッドがつかえています特徴です。
以下で解説する、資格スクエアクラウド、脳科学ラーニング、SQUAREメソッドの3つが、受講生の最短合格を力強くサポートしています。

資格スクエアクラウド

資格スクエアクラウドは、3つのデータに基づいて学習効率を最適化するクラウド型の学習システムです。
クラウドとは、データを自分のパソコンではなくネット上に保存するサービスを意味します。
資格スクエアクラウドが利用する3つのデータとは、合格者のデータ、脳科学のデータ、学生のデータです。

1つ目の合格者のデータでは、法律学習において成果を上げた合格者のノウハウや勉強法をまとめています。
法律系の資格は、膨大な条文に目を通すことになるため、学習領域が広範囲に及びます。
必要なことだけに時間を割き、効率良く勉強していかないと挫折する可能性があるでしょう。
しか資格スクエアクラウドでは、合格者の思考を見える化し、情報を一元化することで、誰もが合格者のやり方を模倣できるようにしているため、高いモチベーションでの学習が可能です。

2つ目の脳科学のデータでは、合格者のノウハウや勉強方法を万人が取り組めるように調整しています。
開発には脳科学の権威である、東京大学薬学部教授の池谷裕二氏が全面協力しています。

3つ目の学生のデータで参考にしているのは、学生の学習履歴です。
動画の閲覧履歴や確認テストの学習履歴をデータとして取得、分析し、学生にフィードバックしています。
合格者と不合格者における動画視聴時間の差、特定の分野と関連している分野などを分析して、日々の勉強法を改善していきます。

脳科学ラーニング

脳科学ラーニングは、脳科学に基づいた問題演習機能です。
人工知能を活用した学習システムでは、独自のアルゴリズムにより、本人の理解度に応じた問題が提示されるため、従来よりも確実な記憶定着が可能となりました。

法律資格では様々な事例や条文を覚える必要があり、中には「暗記に自信がない」という方もいるでしょう。
脳科学ラーニングは、暗記に不安を感じる方でもしっかりと覚えられる仕組みとなっているので心配要りません。
オンラインに蓄積された学習履歴・理解度などを分析し、個人に合わせた問題を提示します。

SQUAREメソッド

上記でご紹介した、資格スクエアクラウドと脳科学ラーニングという最先端のオンライン学習システムを活用した勉強法が、SQUAREメソッドです。
従来の予備校では講義や授業を聞くことが目的になってしまい、効果的な勉強ができないケースがありました。
通信講座では、ひたすら問題を解くことにだけ注力しがちです。
SQUAREメソッドでは、勉強の本質である「効率×継続」を意識するスタイルが取られています。
資格スクエアでの勉強方法は、SQUAREの文字を4つに分けた、「S」「QU」「A」「RE」から成り立っています。

Sは、勉強の基本である自学学習(Self-learning)の意味です。
講義とテキストを中心に、内容を理解していきます。

QUは、自学自習のすぐあとの問題演習(Question)です。
テキストで完全に内容を理解していなくても、問題演習に取り組むことが大切です。
脳科学でインプットとアウトプットの最適比率は、1:3とされます。

Aは、分からない点や疑問点を聞く(Advice)の意味です。
資格スクエアではいつでも質問できる体制が整っており、合格者から的確なアドバイスが受けられます。
勉強計画の指導や個別指導など、個々のニーズに対応しています。

REは、自学自習、問題演習、アドバイス終了後はこれを繰り返す(Repeat)という意味です。
一連の勉強のやり方が分かったら、あとは勉強のサイクルを高速で回すようにして、記憶を最短で定着させていきます。

代表の鬼頭政人について

資格スクエアを運営する株式会社サイトビジットの代表は、鬼頭政人氏です。
鬼頭氏は2000年に開成高校を卒業後、東京大学法学部に進学し、2005年11月に司法試験に合格しています。
2007年には弁護士登録をし、2010年からは株式会社産業革新機構に勤務して、投資家側からの視点で事業会社を見てきました。
2013年12月からは株式会社サイトビジットの代表取締役として、資格試験のオンライン予備校・資格スクエアを運営しています。

資格スクエアに対しては、「誰もが資格試験対策を平等に受けることができる社会を実現したい」という思いがあり、オンラインでのサービス提供はその気持ちの現れなのでしょう。
鬼頭氏は、リーガル領域における社会のインフラになることを目指して、各種事業を展開しています。

多くのメディアも注目

コロナ渦で外出自粛が多くなったことから、教育手法も変更を余儀なくされました。
自宅でいかに効率良く勉強し、教養を深めるかという点もあってかオンライン学習サービス・資格スクエアへの注目が集まっています。
メディアでは『週刊東洋経済』『東洋経済オンライン』などで資格スクエアのことや代表の鬼頭政人氏のインタビューが取り上げられました。
ITを活用した教育システムは、今後もニーズが高まることが期待されます。

総括

資格スクエアは、法律系難関資格を最短で合格させるためのオンライン学習サービスです。
運営元の代表取締役を務める鬼頭政人氏は、弁護士資格を持って事業を行っているため、提供するサービスにも信頼が持てるでしょう。
資格スクエアは独自の学習メソッドをリーズナブルな価格で提供しており、受講生にも負担が少なくなっています。
予備校や通信教育と異なるサービスは、重要部分に費用も時間も割いているため、効率的に勉強を続けていけるでしょう。
資格スクエアでは最新の学習システムを駆使して、受講生の最短合格をサポートしています。

 

資格スクエアを運営するサイトビジットの記事も見てみてください
https://www.white-great-company.com/sitevisit/

関連記事

  1. エヌティーエイチ エヌティーエイチの労働環境を調べました!
  2. 仕事風景 劉凱鵬氏が代表を務める東亜産業の採用に迫る!
  3. 広畑センチュリー病院を経営する石橋内科のサービス評判/院長/求人とは? 広畑センチュリー病院を経営する石橋内科のサービス評判/院長/求人…
  4. 日本初の「睡眠報酬制度」を導入した『株式会社CRAZY』について…
  5. 晁向陽氏の東立商事株式会社|採用情報・労働環境
  6. 切る削る磨くで世界一?株式会社ディスコについて
  7. KRGホーム株式会社の実態は?貸別荘の特徴もご紹介!
  8. 新エネルギー計画株式会社のソーラーエナジー 新エネルギー計画株式会社のソーラーエナジーの設置実績や評判は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP