Great企業特集

引越革命の求人情報をまとめてみた。採用条件・バイトの募集人数など

皆さんは、引越革命という引越業者を知っていますか?現在、あらゆる職種で人手不足が嘆かれている中、革新的な事業を行って人手不足対策を行っている会社です。今回は、そんな引越革命の取り組みや採用などについてご紹介しましょう。

 

日本全体で労働力不足が進んでいる

現在日本では、労働力人口(15歳以上の就業者と失業者)や生産年齢人口(15歳から64歳までの人口)が大幅に減少しています。このまま減少を続けていくと、日本の経済にも大きな打撃を与えることになるでしょう。まずは、日本の労働力不足の状況について確認していくことにします。

 

2060年にはかなり深刻な状態になってしまう

2014年に内閣府が発表した結果によると、女性や高齢者の労働参加が進まないという最悪のシナリオが現実になった場合の労働力人口が3795万人、女性労働力比率を引き上げて定年の年齢を65歳にした場合の労働人口が4792万人、合計特率が2.07まで回復した場合は労働人口が5407万人になると予想されています。

しかし、現状を維持した場合は、これよりも大幅に減少してしまうことになります。つまり、日本のGDPはどんどん低下してしまうという未来が予想されるということになるでしょう。

 

非労働力人口を労働力人口へと変化させることが重要になる

労働力人口は、前述したように就業者と完全失業者(就労する意思や能力があり、就職活動をしているのに仕事に就くことができない人)を合わせた数字になります。

労働力人口は、働く意思がある人です。そのような人がいるということは、その反対の人もいます。労働力人口の反対は非労働力人口と言い、専業主婦や高齢者、病気で働くことができない人たちのことです。

非労働力人口になってしまう原因には様々なものがありますが、非労働力人口を労働人口に変化させることができれば、将来的な労働力不足を少しでも軽減できる可能性があります。

 

働ける状態でも働かない人は共通する悩みを抱えている

働ける状態でも働かない人も実は多いのです。そのような人は、希望に合う仕事がなさそう、自分自身が持つスキルに合う仕事がなさそう、家の近くで希望通りの仕事がなさそう、景気が悪いから仕事がみつからなそうと思っているケースが多くなっています。

働ける状態でも働かない人が働けるようにするためには、行政などが対策をしなければいけません。

では、行政の取り組みを帰るためには、どうしたら良いのでしょうか。それには、政治家を選ぶ時に働き方を見直してくれるような人を選ばなければいけないということになるでしょう。

そして、働き方を多様化できるような政策をしてくれる政治家を選ぶことができれば、働ける状態でも働かない人や非労働力人口が減る可能性が高まります。働きたいのに働けないという状況は、非常に辛く苦しいことです。

しかし、働けるのに働くことをしないという人も少なくありません。そのような人は、望に合う仕事がなさそう、自分自身が持つスキルに合う仕事がなさそう、家の近くで希望通りの仕事がなさそう、景気が悪いから仕事がみつからなそうだと思い込んでいることが多くなっています。

そのような思い込みを無くせるような政策を行政はしていかなければ、解決は難しいと言えるでしょう。

 

引越し業界も例外ではない

現在日本では、労働力不足が顕著になっているということについて、前述しました。引越革命が属している引越し業界も例外ではありません。

しかし、引越し業界の人手不足を解消するための取り組みを行っている引越会社もあり、注目を集めています。では、人手不足を解消させるための取り組みとはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

 

スマホで撮影をするだけで見積もりが完了するシステム

引越し業者に依頼をすると、自宅にスタッフが来て見積もりをするというのが一般的な方法でした。

しかし、慢性的な人手不足に悩まされている引越し業者に見積もりを依頼しても、なかなか来てもらうことができなかったり、引越しの日程を合わせられなかったりという問題が発生するケースが後を絶ちませんでした。

そんな中、スマホで撮影をするだけで見積もりが完了するシステムを導入した引越会社があります。その1つが引越革命です。

このシステムは、部屋の間取りを入力し、スマホで部屋や荷物などの写真を撮影するだけで、どのくらいの料金が必要になるのかを暫定的に計算してくれます。また、いくつかの空いているトラックに引越しのオーダーを振り分けることもできるため、引越しを効率よくできるようになります。

このようなシステムを導入することによって、引越しをしたいのにできないという顧客を減らすことができるでしょう。

 

脱・アナログをすることで生産性の向上も見込める

これまでの引越し業界は、アナログな業界で非常に過酷な労働環境でした。しかし、それではこれからの時代についていくことが難しくなります。

そのような状況を打破するためにも、スマホなどを活用したサービスの提供が必要になるのです。スマホを活用して見積もりやトラックの振り分けができるようになると、引越し料金もある程度一律化でき、競合他社内での差が少なくなります。

さらに、人件費などのコストを削減できることから、引越しの生産性が向上すると予想できます。また、そのようなシステムを利用することで、顧客を平日へ誘導することも容易になります。週末や祝日は多くの人が引越しを希望するため、希望日に引越しができないというケースも少なくありませんでした。それに対して、平日に誘導ができるようになれば、引越し難民を減らすことに繋がり、双方にとってメリットがあると言えます。

引越し業界も人手不足に悩まされています。しかし、アナログな業界からデジタルな業界に変化していくことで、少ない人員でも仕事をこなせるようになります。そのため、脱・アナログが引越し業界の課題だと言えるでしょう。

 

引越革命のバイト求人

引越革命では、アルバイトの募集をしています。では、引越革命のバイト求人にはどのようなものが出ているのか見ていきましょう。

 

引越倉庫作業員

週1日からでも相談に応じて可能なアルバイトです。勤務時間も相談によって決められます。時給は、1,050円~1,200円となっています。勤務地は、埼玉県戸田市にある関東サービスセンターになります。仕事内容は、倉庫内の荷物の積み替えで、軽作業が中心です。そのため、未経験の方や女性でも安心して働くことができるでしょう。指導もしっかりとしてもらえるという点も安心して働けるポイントだと言えます。

 

引越アシスタントスタッフ

このアルバイトは、日払いもできる求人となっています。日給は、1万円~1万2,000円です。関東本社、神奈川支店、関東支店のいずれかが勤務地になります。仕事内容は、引越し作業のサポートで、1件当たり50分を目安に作業を行います。引越革命は単身専門なので、一般的な引越しよりも作業にかかる時間が短いという特徴があります。

1日に1件~4件の案件を担当することが多くなりますが、単身世帯なので運ぶ荷物もそこまで多くありません。そのため、大きな負担を感じることは少ないでしょう。引越革命では、このようなアルバイトの求人を出しています。引越というと重労働なイメージがあるかもしれませんが、単身専門にしている引越革命であれば、そこまで重い荷物を運ぶこともありません。

アルバイトの募集人数に関する記載はなかったため、ある程度応募があると募集を締め切る可能性もあるので、興味があるという人は早めに問い合わせてみてください。引越アシスタントスタッフは、日払いもしてもらえるので、すぐにお金が欲しいという人にもおすすめの求人だと言えるでしょう。

 

引越革命の採用情報

引越革命では、将来の幹部候補になれる人材の募集も行っています。最後に、引越革命の採用情報について見ていきましょう。

採用職種

総合職

仕事内容

引越革命が提供しているラク越やTRAXI、MONOLESSに対する問い合わせに応えたり、見積もりなどのフォローを行ったりします。しかし、まだWEBサービスだけでは補えない部分もあるので、不足している部分のサポートを行うのです。また、顧客との懸け橋になるだけではなく、改善点に気がつくことも総合職の役割です。改善点をフードバックし、システムの改修につなげていくという重要な役割も担います。

勤務地

本社

〒578-0921
大阪府東大阪市水走3丁目10番33号

オペレーションセンター

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3丁目9番10号
徳島ビル9階
※総合職は、大阪限定の勤務になるため、転勤はありません。

勤務時間

①09:00~18:00(休憩60分)

②09:00~20:00(休憩60~90分)

①と②のシフト制になります。ただし、研修期間中と試用期間中は①のみの勤務になります。②の勤務の場合は、毎月45時間くらいの残業があるようです。

待遇・福利厚生

給与

①09:00~18:00(シフト制)
月給18万円+職能給

②09:00~20:00(シフト制)
月給22万円+職能給

みなし残業手当が45時間分(6万5,000円分)含まれた金額になりますが、45時間を超えた分は別で残業手当が支給されます。ただし、研修期間中と試用期間中は全職員が①の給与形態になります。

昇給 賞与

昇給と賞与は、毎年4月に年1回となっています。

諸手当

引越革命で支給される諸手当は、通勤手当、資格手当、役職手当、営業手当、残業手当があります。

休日 休暇

年間休日は105日ですが、シフト制なので定休日は設けられていません。
有給休暇もあり、平均的な有給休暇取得日数は15日となっています。
それ以外にも、特別休暇も取得できるような仕組みになっています。

福利厚生

各種保険への加入(厚生年金、健康保険、労災保険、雇用保険)、
引越しの社内割引、健康診断、予防接種、育児休業制度、
産前産後休暇制度、介護休暇制度を設けています。

応募資格や採用実績

応募資格

大学院、大学、短期大学、専門学校、高等専門学校の2019年3月卒業予定者に
応募資格が与えられます。

採用学科

学部、学科ともに不問となっています。

応募や選考時に必要な書類

エントリーシート、履歴書、卒業見込み証明書が必要になります。

採用予定人数と実績

2019年の採用予定人数は、10名~15名です。2018年度の採用人数は、6名でした。

採用実績校

引越革命はこれまでに、同志社大学、関西大学、立命館大学、近畿大学、大阪産業大学、
大阪経済大学、大阪商業大学、大阪学院大学、ファンドン大学の卒業生を採用してきました。
主な事業が大阪で行われていることから、関西の大学を中心とした採用活動を行っています。

 

引越革命に就職後のキャリアイメージ

ここで紹介した求人は、将来の幹部候補になる人材を募集するものです。徐々にキャリアアップしていき、入社5年目には事業を任せられるような人材になってほしいと考えています。引越革命がどのような事業を行っているのか、社内の人間関係を構築するためにはどうしたら良いのかといったポイントを1年目~2年目で学びます。

そして、3年目以降はそれまでに身につけたスキルや人脈を駆使して、業務を自分自身でこなしていけるようにするだけではなく、プロジェクトのトップになれるようにキャリアアップしていくのです。最終的には、マネジメント職として活躍できるようになる人材を求めています。

 

まとめ

現在、様々な職種で人材不足が嘆かれています。人材不足の状態が続いてしまうと、サービスの質が悪くなったり、経済的にも大きな打撃を与えたりといった影響が表れます。

それは、引越し業者も当てはまるため、例外ではありません。そのような状態の中で、引越革命もアルバイトなどの求人を出していることから部署によっては人材が足りていないという可能性も考えられます。アルバイトの場合は採用人数が記載されていませんでしたが、大学などの卒業生向けの求人は10名~15名の採用をしたいという内容の求人が出ています。

引越革命の場合は条件が良い求人であるため、多くの人が興味を持つ採用だと言えるでしょう。

関連記事

  1. 晁向陽氏の東立商事株式会社|採用情報・労働環境
  2. 副業アカデミーに任せて大丈夫?実績からみる企業としての信頼性とは…
  3. 派遣のイメージを変える!「UTグループ株式会社」とは?
  4. 木村育生 木村育生が創業した株式会社インボイスの現在がこちらです
  5. 工場の仕事はキツくない?「UTエイム」ってどんな会社?
  6. 坂本好隆(よしたか)代表のライトニングプレミアムで働くために重要…
  7. FiNC(フィンク)の採用情報まとめ!企業が大切にしていること・…
  8. 日本初の「睡眠報酬制度」を導入した『株式会社CRAZY』について…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP