ホワイト企業特集

「ホワイトな働き方」を続けるために知っておきたい心と身体のコト

仕事をしていると、どうしてもストレスが溜まってしまうものです。自分が好きなことを仕事にしていたとしても、全くストレスが溜まらないということはないでしょう。そのため、できるだけ「ホワイトな働き方」をしていなければ、いずれ心身共に不調が出てしまうので、注意しなければいけません。

今回は、心身共に疲弊しないために知っておきたい「ホワイトな働き方」を実現させるポイントについてご紹介していきます。

 

カフェインを取りすぎないように注意する

私たちの生活の中で、コーヒーやお茶は手放すことができないものとなっています。コーヒーやお茶に含まれているカフェインは、依存性が高くたくさん摂取してしまうと最悪の場合死に至る可能性もあるのです。

特に最近は、疲労を回復させるためにカフェインがたくさん含まれている錠剤やエナジードリンクが多く出回っていて、日常的に摂取しているという人も少なくありません。カフェインを摂取することで、眠気を覚ましたり、疲労を軽減したりする効果ももちろん実感できます。

しかし、カフェインを取りすぎてしまうと、吐き気やめまいといった症状が表れることがあります。軽い症状のうちに医療機関を受診すれば点滴や薬の服用などで治療ができますが、症状が重症化してしまうと活性炭の投与や血液透析をしなければいけない可能性も出てくるのです。

コーヒーやお茶、エナジードリンクを一般的な量飲むだけであれば中毒になる可能性はほとんどないでしょう。ただし、会社員の中には仕事を終わらせなければいけないという思いから、コーヒーとカフェインの錠剤を一緒に飲むという人もいます。このような摂取の仕方をしてしまうと、重度のカフェイン中毒になってしまう可能性が高くなってしまうので気を付けなければいけません。

 

大丈夫だと思われている人ほどメンタルを病んでしまう可能性が高い

仕事をしている中で、「こんなにタフな人は他にはいないだろうなぁ」というような人に出会うことがあります。しかし、どんなにタフな人であっても、メンタルを病んでしまうことはもちろんあるのです。では、タフな人がメンタルを病んでしまうのはどのような時なのか見ていきましょう。

 

終わりが見えない仕事に追われている時

タフな人は、ちょっとやそっとじゃ折れないと思われていますし、本人も大丈夫だと思っています。しかし、終わりが見えない仕事に追われている時は、どんなにタフな人であってもメンタルを病んでしまう可能性があります。例えば、大きなプロジェクトのリーダーを任されたり、主要な部署の管理者を任されたりするいった状況になると、今までには無かったプレッシャーや緊張感が付きまとうでしょう。

また、他の社員も慢性的な疲労やストレスを感じていることから、業務が思うように進まなくなってしまう可能性もあるのです。そうなってしまうとストレスに弱い社員が離脱をし、残された社員の負担が大きくなってしまいます。

もしも欠員が出たとしても、なかなか補充をしてもらえない、働き方改革で残業もさせられないということになり、リーダーがかなりの負担を背負うことになります。そのような状況まで陥ってしまうと、いくらタフな人であっても心身の疲れを取ることができず、メンタルも病んでしまうことでしょう。メンタルを病まないためには、ヘルプの人員を呼ぶようにしたり、業務の配分や納期を変更できないか検討してみてください。そうすることで負担を軽減でき、ストレスも少なくなるはずです。

家族が病気になって回復が遅れてしまった時

家族が病気になってしまうと誰でも心が折れそうになってしまいます。それは、タフな社員でも同じことです。特に、今までバリバリと仕事をこなしていた男性の奥さんが病気で入院をすると病んでしまうケースが多くなっています。これまで奥さんがメインでやっていた家事や育児もやらなければいけなくなり、負担が大きくなってしまうからです。

どちらかの両親が手助けできるという状況であればそこまで大きな問題にはなりませんが、それが難しいというのであればメンタルを病んでしまう可能性が高くなるでしょう。もしも家族の入院が長引いてしまいそうな時は、上司などに相談して仕事量の調整や勤務時間の調整などをお願いすることも重要になります。

ネガティブな人間関係にストレスを感じた時

タフな人は、比較的メンタルは病みにくいと思われています。しかし、度重なる理不尽なクレーム対応や陰湿ないじめがあるとストレスを感じ、メンタルは病んでしまうでしょう。

理不尽なクレームに翻弄されてしまうと段々どのような対応をしたらいいのか分からなくなり、パニック障害などの精神疾患につながったという事例もあるので、度重なる理不尽なクレーム対応は大きなストレスになってしまうことが分かります。

また、社内の陰湿ないじめもメンタルを病む要素になるでしょう。これまでバリバリ働いていたタフな人でも、このようなことがきっかけでメンタルを病んでしまう可能性があるのです。そうなってしまうことを防ぐためには、会社側の対応がとても重要になります。

メンタルを病んでいそうな社員がいる場合は、きちんと対策ができるようにしておくことが大きなポイントになると言えるのではないでしょうか?

 

「ホワイトな働き方」をするためにはどんな行動をすれば良い?

心身をできるだけ疲弊させないために「ホワイトな働き方」をしようとしている人は増えています。最後に、実際に「ホワイトな働き方」を実践している人の声をご紹介していきましょう。

今やホワイトな働き方してるけど、最初の就職先は激務系に分類される職場だったので、わたしにとって働くということは身を削るに近い。
今日久々に忙しい瞬間があったのだけど
「これこれ、忙しいのさいこー!」
って頭の何かがムクムクしてきて危なかった。もうそういう場所じゃないから引っ込んでね

「ホワイトな働き方」をしている人の中には、自分自身の身を削って働いていたという経験を持つ人もいます。そのような人は、少しでも忙しかったりするとその頃を思い出してしまうのでしょう。この人の場合は、今はそのような働き方をしなくても良いのですから、思い出さずに働けれるのが最も理想的だと言えるのではないでしょうか。

どんなホワイト企業よりもフリーランスが一番ワークライフバランスはいいと思う。

好きな時に休めて、好きな時に働ける。
毎日がリモートワーク。

会社員には会社員の良さも沢山あると思うけど、フリーランスの働き方には憧れる。

フリーランスとして安定した収入を得られるのであれば、それが「ホワイトな働き方」につながる可能性もあります。人によっては、フリーランスの方が力を発揮でき、ストレスも感じにくいというケースもあるので、これも「ホワイトな働き方」の1つだというのは確かでしょう。

「ホワイトな働き方」を実現することができれば、心身が疲弊してしまうことを防げるだけではなく、自分自身が持ちポテンシャルを最大限に発揮できます。しかし、ストレス社会である今の日本では、「ホワイトな働き方」を実現することは難しいと言えます。

それでもできるだけサポートし合える体制を作り、困った時にはお互い様だという精神を持っていれば、少しでも「ホワイトな働き方」に近づくのではないでしょうか?多くの人が働きやすい世の中へと変化していくことを願うばかりです。

関連記事

  1. FiNC(フィンク)の採用情報まとめ!企業が大切にしていること・…
  2. 【必読】ダイアナで置き換えダイエットをする前に読んでおきたい口コ…
  3. とにかく「お洒落なオフィス」で働きたい!高評価センスの企業を徹底…
  4. 日本初の「睡眠報酬制度」を導入した『株式会社CRAZY』について…
  5. 世界中が注目?!日本の「ホットケーキビジネス」の魅力に迫る
  6. 木村育生 木村育生社長の半生を彩った企業買収の数々を紹介します
  7. 新エネルギー計画株式会社のソーラーエナジーの設置実績は?
  8. 引越革命の求人情報をまとめてみた。採用条件・バイトの募集人数など…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP