Great企業特集

田中美孝氏とは?経歴や経営哲学を徹底調査!

自分の中で実現したいと思うビジネスがあり、経営者になりたいと考えている人もいるでしょう。
しかし、起業して経営者になるにはどのような道筋を進むべきかわからないという人も少なくありません。
わからないまま立ち止まってしまい、結局現状維持になっていませんか?
そのような状況から抜け出したいなら、田中美孝氏の考えに触れるのがおすすめです。
今回の記事では、田中美孝氏の経歴や経緯哲学、経営者になりたい人が知っておきたい情報についてご紹介します。

こんな人におすすめ
・経営者になりたいと思っている人
・自信が持てずに起業に向けあと一歩が踏み出せない人
・経営者になるために必要な情報を知りたい人

田中美孝氏の経歴について

画像はイメージです。

まずは、田中美孝氏の経歴から見ていきましょう。

田中美孝氏は、1969年5月に3人兄弟の末っ子として東京都で生まれました。
父親は飲食店やゲームセンターなど多岐にわたる事業を展開する実業家です。
様々な事業を手掛ける父親を見て育った田中美孝氏は、幼い頃から自分自身も経営者になりたいと考えていたようです。
その夢を叶えるために、これまでに3回の起業に成功しています。
最初の起業は高校生の頃で、学校に通いながら輸入ビジネスをスタートしました。
その後、父親が経営する飲食店で常務として仕事をしていましたが、退社を決意します。
退社してからは、熱帯業の水槽リース業に従事しました。
そして、1996年4月22日に株式会社ベンチャーコントロールを設立し、代表取締役に就任したのです。

田中美孝氏の経営哲学について

将来を見据えた事業を生み出した田中美孝氏の経営哲学を知ることは、これから経営者を目指す人にも役立つはずです。
続いては、田中美孝氏の経営哲学に触れていきましょう。

・田中美孝氏が生み出した事業

田中美孝氏が代表取締役を務めている株式会社ベンチャーコントロールは、日本の経済構造を変革するために起業家の創出を手掛けている企業です。
起業家が創出されにくい日本の状況から抜け出すための事業を展開しています。
それを実現するために、田中美孝氏が代表となっている株式会社ベンチャーコントロールとグループ会社が手を取り、起業家の育成に注力しているのです。

・田中美孝氏の経営哲学とは?

株式会社ベンチャーコントロールのメインとなる事業は、インキュベーション事業です。
インキュベーション事業は、起業家を育成するためにスタートしました。
田中美孝氏はこれまでの経験から、起業家を育成するための実践的な機関が日本には存在しないと感じていたそうです。
その問題を解決へと導くために、自分自身が育成機関を立ち上げて経営者の育成を始めたのです。
インキュベーション事業では、ビジネスモデルの策定・精査、資金調達時の支援、業務提携先の紹介、間接部門のアウトソーシング、案件の精査、経営者としての知識を身に付けるための教育などを行っています。
法務や労務、財務などの専門的な知識を持っていない起業家志望者は少なくありません。
専門的な知識を学ぶことの負担が大きく、苦になってしまうことが挫折の原因となるケースも往々にしてあります。
それを防ぐために田中美孝氏が立ち上げた株式会社ベンチャーコントロールでは、間接部門のアウトソーシングで請け負い、負担を最小限に抑えているのです。
幅広いサポートを行うことにより、真の経営者を育成しようと田中美孝氏は考えているのでしょう。

また、実業家が実業家を育成するということも田中美孝氏は大切にしています。
これまでに株式会社ベンチャーコントロールが輩出した経営者には、「自分自身を超えるような経営者を育てること」を徹底的に指導しています。
この考え方は、より良い経営者の育成が社会全体のメリットになると考えているからこそ生まれたものだと言えるでしょう。
これまでに100人を超える経営者を輩出しています。
今後もその数は増えていくと考えられ、よりレベルの高い経営者が生まれることは日本経済の発展にも寄与する可能性が高いです。
その結果、明るい未来を私たちは手にできると田中美孝氏は考えています。

経営者になるために必要な事柄について

経営者になるためには、いくつか必要な事柄があります。
最後に、経営者を目指す人が知っておくべきことについてご紹介しましょう。

・経営者としての資質を磨く

起業して成長させるためには、経営者としての資質が重要になります。
既に資質を持っている人であれば、方針も決めやすくなり、従業員のモチベーションを高めることができます。
その結果、立ち上げた会社はどんどん成長していくのです。
経営者としての資質には、経営理念を持っている、コミュニケーション能力が高い、戦略的な思考を持っている、需要を生み出せる、素直で可愛げがある、健康に配慮できる、決断するための勇気がある、などが挙げられます。
経営者を目指したいなら、これらの資質を磨くための努力を怠らないようにしましょう。

・仕事を生み出せる

起業して経営者になるなら、自分で仕事を生み出さなければいけません。
仕事を生み出せなければ、売上を伸ばせなくなり、倒産を余儀なくされてしまうでしょう。
また、他の会社が行っているサービスや既存の商品を真似するだけでは、差別化を図れなくなります。
他社との差別化ができないと価格競争の波にのまれ、利益が少なくなる可能性が高いです。

・経営理念を考えられる

経営者になるには、経営理念を考えられるかどうかも重要となります。
経営理念は、会社が進むべき方向性を示すものだからです。
経営理念があるとやらなければいけないことが明確になり、従業員のモチベーション維持にもつながるでしょう。
そしてそれは、顧客満足度の向上にもつながるため、会社として大きく成長できる可能性が高まります。

・人を動かせる

ビジネスは自分だけで成り立つものではありません。
そのため、人を動かせるか否かも経営者としての資質を見極めるポイントになります。
ただ従業員をダラダラと働かせているだけでは、不満が募ってしまうでしょう。
人を動かせるようになるには、「やりたい」などの内側から生まれてくる内側の動機と「締め切りに追われている」などの外側の動機があることを理解することが重要です。
内側の動機と外側の動機、双方を刺激できるような関わりができれば、人を動かせる素質があると言えます。

・資金調達ができる

資金調達も会社を経営するために必要不可欠です。
資金がなければ事業を始めることはできない、つまり経営者にはなれないということです。
資金調達の方法は、日本政策金融公庫の融資を受ける、銀行の融資を受ける、ベンチャーキャピタルから出資してもらう、エンジェル投資家から出資してもらう、クラウドファンディングを行う、助成金や補助金を活用する、といった方法があります。
事業内容によって適した資金調達方法が異なるので、それぞれの特徴を把握しておきましょう。

まとめ

田中美孝氏は、幼い頃から経営者として働く父親の背中を見て育ちました。
そして、自分自身も経営者を目指したいと考えるようになり、起業をすることになったのです。
日本経済にとって起業家が増えることにより良い影響がもたらされる、実業家が実業家を育成することが重要だ、と田中美孝氏は考えています。
そのような経営哲学があったからこそ、株式会社ベンチャーコントロールのような起業家育成に力を注ぐ会社を生み出せたと言えます。
今後も田中美孝氏の動向にぜひ注目していきましょう。

今回は、田中美孝氏の話を中心にご紹介してきましたが、改めてベンチャーコントロールのことが知りたくなった方は以下記事をご覧ください。

この記事のまとめ
・田中美孝氏は幼い頃から経営者を目指したいと思っていた
・経営哲学がはっきりしているとスタートすべきビジネスが明確になる
・経営者としての資質を磨くなど経営者を目指すならやらなければいけないことがいくつもある

関連記事

  1. 話題のIoTサービスにも取り組む株式会社AMBITION(アンビ…
  2. 地域活性化に挑む株式会社TTC!最新情報から評判、採用情報まで大…
  3. プラネットグリーンの採用情報や評判を徹底調査!コールセンターなど…
  4. エヌティーエイチ エヌティーエイチの労働環境を調べました!
  5. 地球儀とマスク 株式会社東亜産業がコロナ禍で寄付活動や衛生商品を製造!その活動が…
  6. 木村育生 木村育生社長の半生を彩った企業買収の数々を紹介します
  7. 「アビエスベンチャーズ」のベンチャーキャピタルは新しい可能性を見…
  8. 切る削る磨くで世界一?株式会社ディスコについて
PAGE TOP