Great企業特集

【経営のプロ】森統則はどんな人物?過去から現職の川田工業についてまで徹底調査!

※本記事はA8等のアフィリエイト、楽天アフィリエイト、Amazonアソシエイト、アドセンス等の広告を活用したり、記事単位で取材費をいただいた上で記事を執筆しています。


この記事では、「経営のプロ」と呼ばれている森統則(もり むねのり)氏についてご紹介します。
経営のプロと聞くとどのような人物なのか、森統則氏の人物像が気になる方も多いでしょう。
実は、森統則氏はこれまでに数多くの経営実績を挙げてきた人として知られています。
そこで今回は、森統則氏がどんな人物なのかが気になった方へ、人物像と功績について解説していきます。
また、現職の川田工業がどのような会社なのか、会社概要やこだわりなども併せてご紹介します。
森統則氏のプロフィールや今までの功績、川田工業について気になる人は、ぜひ参考にしてみてください。

森統則氏についてざっくりとした紹介

初めに、森統則氏がどのような人物なのか簡単に紹介していきます。
森統則氏は、ゴルフグローブを専門に取り扱う川田工業の代表取締役を務めています。
1969年に東京都で生まれた森統則氏は、子どもの頃から「政治家」という夢を掲げていました。
中学生になるとサッカークラブに入り、そのまま高校・大学へ進学後もサッカーを続けました。
早稲田大学を卒業後は三井物産に入社し、その後兵庫フットボールを経て菓子製造販売の経営を営んでいました。
その後は菓子製造販売業を含め、RIZAPの傘下グループやザスパクサツ群馬などの経営危機も救っています。
いくつもの会社を赤字から黒字回復させたことで、森統則氏はいつしか「経営のプロ」と呼ばれるようになったのです。

森統則氏のこれまでの実績や評判について

次に、森統則氏のこれまでの実績や評判について紹介していきましょう。
森統則氏は、これまでにいくつもの会社を赤字経営から黒字へと回復させてきました。
10年間赤字だった菓子製造販売業の経営では、会社の方針を変更して東京でお菓子が売れるように「おみやげ」を作る会社へ変えました。
どうしたら東京でお菓子が売れるかを考えた森統則氏は、売れる人気キャラクターを見つけ、キャラクターを使用する許可を得たのです。
すると、10年間赤字だった菓子製造販売業の経営が黒字へと回復していきます。
また、2002年にはサッカー世界大会のキャラクター商品の製造と販売も手掛けました。
日本国内の会場・駅・ホテル・空港などで商品が販売され、サッカーと同じくらい人気がでたようです。
それが功を奏し、Jリーグのお菓子作りにも何度か携わっています。
また、2018年にはダイエットや筋トレ業界などで有名なRIZAPグループの傘下だったサポーター製造販売会社に入社しました。
こちらの企業も10年間赤字経営が続いていたものの、森統則氏の手腕により経営の立て直しに成功しています。
このように、いくつもの会社を黒字回復させたことが評価され、2021年にはサッカーチーム「ザスパクサツ群馬」の社長に就任しました。
2024年までに営業収益9億、2026年までに10億円という目標を掲げて経営改革に挑んでいます。
現在は辞任しておりますが、2022年に川田工業の代表取締役社長となりました。
このように、実績と評判から森統則氏は「経営のプロ」と呼ばれるようになったことがわかります。
今後、どのように経営が変化していくのか、周りからも大きく期待されています。

森統則氏の趣味について

次に森統則氏のプライベートについて紹介していきます。
森統則氏について調べていくと、サッカーとゴルフが趣味だとわかりました。
サッカーに関しては、小学6年生から大学4年生まで続けていたそうです。
さらに大学生時代のサッカー部では同学年のまとめ役を任された経験もあるようで、当時から人を動かす能力があったことが伺えます。
ゴルフに関しては、森統則氏のInstagramを見るとゴルフをプレーしている投稿が多数あり、休みの日にゴルフでリフレッシュしている姿を見ることができました。
現職の川田工業のゴルフグローブを着用している投稿もあり、愛社精神が強いことが感じられます。
川田工業や製品についてはこの後詳しく紹介いたします。

川田工業株式会社について

森統則氏が現在代表取締役社長を務める川田工業とはどのような会社なのか、会社の歴史や理念などを紹介していきます。

川田工業株式会社はどんな会社?

川田工業は、ゴルフ・スポーツグローブの製造・販売を行っている会社です。
2020年6月に「経営のプロ」である森統則氏が代表取締役社長に就任しました。
「手袋の町」として有名な香川県東かがわ市に本社があり、東京に営業所があります。
1920年創業以来、半世紀ほど手袋製造を営み、1967年にゴルフグローブの生産と販売を始めました。
素手の感覚により近い、0.5mm~0.7mmの「シープスキン」にこだわってグロープの製造をしています。
皮革手袋製造で身に付けた技術を、ゴルフグローブの生産と販売に活かしたのです。
それにより、ゴルファーのニーズに合う高品質・高機能なゴルフグローブの製品づくりが可能となり、全国・世界へと発展しました。
インドネシアと中国に拠点を確立し、原皮~加工~生産まで一貫して製造ができるようになっています。

川田工業株式会社の会社理念

次に、川田工業の会社理念を紹介しましょう。
川田工業の会社理念は以下の5つです。

1.創業100年企業の誇りをもって働きましょう。
2.創業100年の知見・無形資産を受け継ぎ、その技術を進化させながら、商品開発をしましょう。
3.ゴルフグローブ業界:企画力NO.1を目指し、技術と知見 を生かし、常に新たな領域にチャレンジしよう。
4.人生100年時代、笑顔で健康的な生活をサポートする商品を届けよう。
5.『利他』の精神で、常に相手の立場で物事を考えよう。

川田工業株式会社のミッション

川田工業株式会社では、5つのミッションも掲げています。

1.安心・安全な商品づくりを継続的に行います。
2.ルールを守り、顧客・パートナー・社員と信頼関係を構築します。
3.顧客のご要望を発見・お応えし、笑顔の創造をします。
4.目まぐるしく変わる環境の変化に、スピード感持って対応します。
5.失敗を恐れず、失敗を肥やしに次のチャレンジをし続けます。

会社理念に合わせてこのようなミッションを掲げることで、社会に貢献できる企業を目指しています。

川田工業の製品について

それでは、川田工業ではどのような商品づくり・商品展開をしているのか見ていきましょう。

川田工業株式会社のこだわりの商品づくり

川田工業では、ファッショングローブとゴルフグローブ製造をおこなっています。
グローブの主材料に「ヘアシープ」を使用しています。
その理由は、柔らかさ・滑らかさ・手触り・伸縮性・耐久性に優れているからです。
柔らかくて強い0.5~0.7mmのシープスキンを使った商品づくりにこだわっています。
手にグローブをはめた時のフィット感にも優れており、手に吸い付くような感触があります。
また、使っていくほどに手に馴染んでよりフィットするのも特徴です。
人工のグローブも進化を遂げていますが、それでも皮革本来の良さには及びません。
川田工業では、自然と社会環境を重視した素材の選定をおこなっています。
特性や生態にリスペクトし、羊皮(ヘアシープスキン)でフェアトレードを目指しています。
インドネシアに拠点を持つことにより、原皮の選別・出荷・品質管理などが一貫生産可能です。

川田工業株式会社の商品展開

川田工業株式会社では、主に3つのグローブの商品展開をしています。

【オーダーメイドグローブ】

川田工業では、主に3つのグローブの商品展開をしています。

【オーダーメイドグローブ】
1つ目は、「オーダーメイドグローブ ジャストフィットシステム」です。
フルオーダー式のグローブで、素手に近い感触・ブレないグリッピングを求める人におすすめです。
手型からすべてハンドメイドでグローブを作ってもらえるので、ミリ単位での製作が叶います。
指先にグローブが余りがちな人やシワができやすい人、グローブを握った時に締め付けられている感覚がある人にもおすすめの商品です。

【真打ちグローブ】
2つ目は、「真打ちグローブ」です。
鍛え上げているプロに合うよう、理想のリストワークを追求して作られました。
特殊形状のベルトを手首部分に使用することで、スイング時に左手首が「くの字」に折れるのを防止します。
安定感を持って綺麗なスイングアークをマスターしたい人におすすめです。

【パイロット用グローブ】
3つ目は、「パイロット用グローブ」です。
パイロットグローブには人工皮革タイプと天然皮革タイプの2種類があります。
人工皮革のグローブは、雨や汗でグローブの風合いが変わるのを防ぎたい人におすすめです。
天然皮革のグローブは非常に強度に優れている羊革を使用しているため、天然の革皮ならではの柔らかさや手触り・伸縮性などをお求めの方におすすめです。

今回は、森統則氏の人物像や川田工業株式会社について詳しくご紹介してきました。
森統則氏は、これまでに菓子販売業やサッカー、RIZAPの傘下グループなどたくさんの企業の経営に携わり、黒字回復させてきた功績のある人物です。
「経営のプロ」と呼ばれているだけあり、10年間赤字経営だった菓子販売業やRIZAPの傘下グループも黒字回復させています。
その実力や評判から、2021年にザスパクサツ群馬の社長、2022年には川田工業株式会社の代表取締役社長に就任しています。
そんな川田工業株式会社は、ゴルフグローブ・ファッショングローブの製造・販売をおこなっている会社です。
こだわりの羊皮を使用することで、柔らかさ・滑らかさ・手触り・伸縮性・耐久性があるグローブに仕上がっています。
今後、川田工業株式会社で森統則氏がどのような活躍をするのか、ぜひ注目していきましょう。

関連記事

  1. 実はよく見る。「jp」ドメインの管理会社「株式会社日本レジストリ…
  2. 建築で日本の未来を支える!「UTコンストラクション」って?
  3. シロアリ駆除で有名なアサンテってどう?利用者の口コミ評判や実績を…
  4. エヌティーエイチ エヌティーエイチの労働環境を調べました!
  5. Do you know 本 トライグループとは!?家庭教師のトライでお馴染みのトライグループ…
  6. 派遣のアウトソーシングテクノロジーって?やばい評判について徹底分…
  7. アースコムに就職を考えている方必見!既存社員のリアルな口コミや評…
  8. ウイルスシャットアウト・ハンドジェルを開発した東亜産業が消費者庁…
PAGE TOP