働き方HACK

「ウチってブラック?」と疑いはじめたら転職のチャンス?コツを掴んであなたも明日からホワイト企業の一員に!!

仕事をしている中で、他の会社と比べてしまうことはありませんか?比べてみた時、他社との差を見て「ウチってブラック?」と疑ってしまうことも少なくないでしょう。

もしも自分自身が勤務する会社がブラックではないかと感じるようになったのであれば、それは転職のチャンスかもしれません。ホワイト企業の一員になれるかもしれない絶好のチャンスを逃さないようにしましょう。

 

我慢をせずに仕事に対する考え方を変えよう

ブラック企業で勤めている人の多くは、「自分が辞めてしまうと同僚や家族に迷惑をかけてしまう」、「辞めても次の仕事を簡単に見つけることはできない」、「我慢して頑張ればそのうち環境が整っていくはず」といった考えを持っています。

「ウチってブラック?」と疑うようになり、ホワイト企業へ転職したいと思うのであれば、まずは考え方を改めなければいけません。ブラック企業で働き続けていれば、次の職場が見つからないとか周りに迷惑をかけてしまうというリスクは確かにないでしょう。しかし、長い目で見た時に後悔してしまう可能性は高くなります。

なかなか辞められない人の中には、退職の意思をしっかりと伝えられないケースもあります。退職したいと意思表示した社員を必死につなぎとめようとすることや退職願を受け取ってもらえないこともあるため、なかなか退職ができないと嘆く人もいるのが現実です。そんなブラック企業で働き続けていても自分が壊れてしまうだけです。内容証明を送るという最終手段を使ってでも退職する方向へと動いていきましょう。

ブラック企業から退職をしようと考える時に、もう1つ確認しておかなければいけないことがあります。それは、未払いの残業代です。長時間労働を強いるようなブラック企業の場合は、いつのまにか未払いの残業代が発生している可能性が高いと言われています。辞める時に問題を起こしたくないと考える気持ちも分かりますが、未払いの残業代を支払ってもらう義務はあります。きちんと清算することによってもやもやした気持ちを解消できるので、気持ちよく退職するためにも未払いの残業代の有無はしっかりと確認しておきましょう。

仕事は、会社のためだけに行うものではありません。そのため、我慢をせずに仕事に対する考え方を変えることは、自分らしく生きていくためにも重要なポイントになると言えるのです。

 

ホワイト企業を探すためには募集要項をしっかりとチェックしよう!

ブラック企業からホワイト企業へ転職したいと考えた時に、ハローワークや求人情報サイトなどを活用して求人をチェックするでしょう。その時に、募集要項をしっかりとチェックするとホワイト企業を狙い撃ちすることができます。

最近ではインターネットでも働いている人の口コミなどを見つけやすくなっています。リアルな口コミを参考にし、募集要項をチェックすることによって、ホワイト企業を見つけられる可能性が高くなるでしょう。ただし、募集要項に掲載されている給与の幅が広い、常に求人が掲載されている、離職率が高いという特徴を持つ会社はブラック企業の可能性が高いので要注意です。

転職先を探す場合は、転職エージェントなど転職に関するサービスをフル活用することもホワイト企業に巡り合うための重要なポイントとなります。転職エージェントは、一人ひとりにキャリアアドバイザーが付くため、転職活動をしっかりとサポートしてもらえます。

また、自分から企業に対して聞きにくいことも転職エージェントを介することで聞きやすくなるというメリットもあります。ホワイト企業を探すためには自分の力だけではなく、利用できるサービスをフル活用することも重要なポイントになるので、ブラック企業から抜け出したいのであれば転職エージェントもぜひ利用してみてください。

 

ブラック企業から抜け出してホワイト企業の一員になるメリットは大きい!

今までブラック企業で働き続けてきた人がホワイト企業へ転職するとそのギャップに大きな衝撃を受けることも少なくありません。これまでブラック企業でのやり方が当たり前だと感じていたはずなので、常識が覆ることもあるでしょう。

しかしそれは、メリットになるものばかりです。最後に、ブラック企業からホワイト企業へ転職した人が受けた衝撃や感じたメリットにはどのようなものがあるのかご紹介しましょう。

 

柔軟な働き方ができる

ブラック企業は、拘束時間が長く、残業代も支払われないなどネガティブなイメージを持たれがちです。イメージだけではなく、本当にそのような状況になっていることが大きな問題だと言えるでしょう。それに対してホワイト企業の場合は、働き方をしっかりと考えているケースが多くなっています。

必要な時には残業をすることもありますが、他の日には勤務時間を短くできる、残業代はきちんと支払われるなどのメリットもあります。プライベートを大切にしてもらいたいと考えるホワイト企業が多いため、柔軟な働き方を認めているのでしょう。さらに最近は、働き方改革も推し進められているので、ホワイト企業はさらに働きやすい環境が整ってきたと考えられます。

 

女性でも働きやすい職場環境が整えられている

ブラック企業では、育児休暇や産前産後休暇など女性に人生設計を豊かにするための制度が整っていないケースも少なくありません。それに対してホワイト企業は、育児休暇や産前産後休暇などをしっかりと取ることができ、子育てをしながらでも働きやすいような環境が整っています。会社の中でしっかりと女性をサポートする体制が整っているのは当たり前なことのように感じますが、それができていない会社も世の中にはあるが現実です。

特にブラック企業ではそのような環境が整っていないことが多いので、ブラック企業からホワイト企業へ転職した場合のギャップは大きいと言えるでしょう。

 

ホワイト企業は福利厚生が充実している

ホワイト企業とブラック企業では、待遇面でも差があります。給与自体はそこまで大きな差がなくても、福利厚生が充実していればそちらを選びたいと思うでしょう。1年以上勤務することで退職金が出る会社や家賃の85%を補助してくれる会社、昼食補助がある会社など様々な福利厚生を用意しているホワイト企業もあるため、その充実っぷりに驚く元ブラック企業社員もいるのではないでしょうか?ブラック企業ではボーナスがなかったり、様々な補助がなかったりするケースも少なくありません。そのため、ブラック企業から抜け出してホワイト企業の一員になった方が生活も楽になると考えられます。

 

ホワイト企業の一員になることで、このようなメリットを感じられます。自分の時間も作りやすくなるため、充実した毎日を送れるようにばります。ホワイト企業だと感じる基準は人によって異なりますが、今回紹介したようなポイントを押さえている企業はホワイト企業と言っても良いでしょう。

働き方改革によりブラック体質の改善に努力する企業は増えているものの、それでも改革意識より業績を優先して改善に至らない企業は少なくありません。もし、自分が勤める企業をブラックと疑うのであれば、今こそ好機と言えるでしょう。転職を恐れて無理に働き続けても疲弊する一方で、最悪の事態を招く恐れがあります。自分を守る意味でも転職を決意し、今の深刻な状況から抜け出してみてはいかがでしょうか?

今回紹介したホワイト企業の特徴などを参考にしながら、ホワイト企業の一員を目指すことをおすすめします。

関連記事

  1. 職場で成長したいあなたへ、「失敗の活かし方」を学んでみては?
  2. 教育現場。企業でも今注目されている「NIB」とは?
  3. 「腕時計」はアリorナシ?スマホ世代に知ってもらいたい「時計」に…
  4. 「看護師採用」に興味がある人必見!病院で働くことの「ブラック・ホ…
  5. ユーグレナは新卒より中途を優先?バイオ分野の職場環境と給与を徹底…
  6. SBSリコーロジスティクスやリョウエイ物流等…「物流は稼げる」の…
  7. 日栄商事 不動産営業は大変!?従来のイメージを覆す日栄商事の働き方
  8. 接待&会食マナーをマスターして「できる女性」になろう!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP