Great企業特集

ファナックの評判は回復するのか?中国市場とロボット産業の未来を占う

「ファクトリーオートメーション」という言葉をご存知でしょうか?

「工場の自動化」を意味するこの分野は、現在世界中でトップシェアを誇り、大きな注目を集めています。

「作業工程の効率化」「働く人々の負担の軽減」等、自動化のメリットがあげられる一方、「いずれは仕事そのものが奪われるのでは」という懸念なども残る「ロボットとの共存」が、今、中国の市場を大きく占めているそうです。

参考URL:https://www.fuji-keizai.co.jp/market/18029.html

その理由は、中国国内におけるスマートフォン、自動車関連、小型ロボットなどの設備投資への需要が高まっている事が関係しているのだとか。成長し続ける技術力が、「中国」という国の市場を大きく押し上げている、といったところでしょうか?

 

このように、急激に技術、経済力が成長した事により世界中から注目される中国が、

ファクトリーオートメーションの分野でグローバルトップ企業に君臨する「ファナック」に大打撃を与えてしまったとか。

 

参考URL:https://biz-journal.jp/2018/11/post_25661.html

上記したリンク先の記事を読めば理由は一目瞭然ですが、要するに、「成長を続けてきた中国市場が突然先行き不透明になってしまった」影響で、取引先を中国に持つファナックでは株価暴落が懸念されている状態に陥ってしまったそう。ちなみに、現在も「Yahoo!ファイナンス」の掲示板では投資家からの不安の声が寄せられている有様です。

 

 

 

1.ファナックの概要

…ここまで来ると、「一体“ファナック”ってどういう企業なの?」と、気になる方は大勢いるでしょう。そこで、まずは基本情報からまとめてみました!

 

ファナックは、1972年に設立された電気機器メーカーで、工場の自動化を追求して発展を続けてきました。

そんなファナックの本社は山梨県忍野村にあり、広さ52万坪にもわたる富士山の麓に存在しています。

雄大な自然の中で、機械用の工作装置やロボット開発が行われ、CNC装置分野では国内シェア70%と首位に立ち、海外でも50%のシェアを誇っています。

工場は山梨県以外に、鹿児島県霧島市に毎月150,000台ものサーボターモ用センサ製造専用の5万坪もの「隼人工場」があり、茨城県筑西市には毎月ロボドリル3,000台、ロボット10,000台を製造可能な9.5万坪もある筑波工場があります。

2016年には栃木県壬生町に21万坪にも及ぶ壬生工場が完成しました。

 

 

2.ファナックの自由分析

調べてみた所、ファナックの強みは「信頼性」だという声が多く見られました。

その理由としては、ファナックが掲げている「壊れない、壊れる前に知らせる、壊れてもすぐ直せる」というスローガンが大きく関係しているのでは?

新しい製品の製造だけではなく、古い製品であってもすぐに修理ができるよう設備が整っていることが特徴で、そのため故障予知技術の開発にも熱心に取り組んでいます。このように、古い製品に対応可能な環境を整備する事で、顧客から「信頼」を得られているのでしょう!

また、概要でも解説したようにファナックの工場はどれも雄大な自然の中に存在しています。本社の近くにはウサギやキツネ、タヌキなどの野生動物も生息しており、豊かな動植物に囲まれた都会とは大きく異なる環境は、社員の心身の安定に繋がり、それもまた「信頼」を得る要因のひとつとして数える事が出来ます。

 

「信頼」は、社員や顧客だけではなく、投資家にも様々な影響を与えると考えられます。顧客への対応、労働環境の整備、商品の利便性など、細やかな対応がきちんと表面化していれば、「信頼に値する」と高く評価され、株主の注目度も高まるでしょう。

ロボット産業のトップに君臨するだけではなく、「幅広い信頼を得ている」という理由から、中国とも良い関係を築いてきたのかもしれませんね。

 

 

3.ファナックの商品・サービスについての口コミ&評判を分析

ファナックが製造している機械に対する口コミや評判については、残念ながら見つける事ができませんでした。

が、ファナックでは安心してサービスを利用出来るよう体制を整えているようなので、同社で実施している「信頼を得るための工夫」について具体的にまとめてみました!

 

■相談窓口について

機械が故障した場合、まずはファナックの国内サービスの窓口に問い合わせを行う必要があります。

方法は電話とファックスの2種類あり、CNC装置に関する故障などのサービス受付と部品販売専用の窓口やロボットやマシンの保守、レーザの保守等、内容によって対応する窓口が細かく分かれているのが特徴的です。

外部からの問い合わせには、月曜から金曜までは8時40分~20時まで通常サービスの受け付けを行っており、20時以降はボイスメールでの受け付けを行っています。

土曜日は8時40分から17時10分までが通常サービスの受付で、17時10分以降はボイスメールでの対応、日曜日や祝日は終日ボイスメールのみの対応なのだとか。

 

■予防保守について

ファナックでは、機械の故障を未然に防ぐために定期点検を行っています。

定期点検の「基本メニュー」は、ロボットであれば振動や異音、ガタの点検のほか、ケーブルやモータの絶縁点検、制御装置の点検等が対象です。

ロボドリルの場合、ボールネジの点検、ツールクランプ力の点検、制御装置の点検を行い、ロボショットはボールネジやタイミングベルト、制御装置の点検を行います。

 

■CS24サービスについて

ファナックでは、平日の20時以降や日曜日、祝日は、上記したように窓口での通常サービスの受け付けには基本的に対応しておりません。

ですが、「CS24サービス」に入会すると、電話での技術相談に応じてもらえるそうです!(ただし、対応時間は限られているのだとか…)

そのため、長時間機械を稼働させる必要がある企業が顧客の場合でも、迅速な対応が可能になります。

 

以上、様々な観点から「信頼」に繋がる部分を見ていきましたが、これらの内容かは、「ファナックのサービスの充実度」という特徴が浮き彫りになったのではないかと。修理工場では30年以上前の古い機械であっても修理できるような体制を常時整えているので、古くから付き合いのある企業も多いのではないでしょうか?

 

 

4.ファナックの採用についての口コミ&評判を分析

次にファナックの採用系の口コミについてご紹介していきます!

 

■年収や待遇についての口コミ

”年収は間違いなく、同年代や同業と比べても抜群に良い。”

”業績が好調なときには高額なボーナスがもらえるので、それほどのスキルがない人でも年収が高くなる。”

”福利厚生がよく、すべての生活が敷地内だけで行える。敷地内には、温泉、居酒屋、グラウンド、屋内プール、ジムなど様々な施設がある。また、野球グラウンドを建設しており、神宮寺球場と同じスケールと質になっている。寮も社宅もあり、また現在建設中で綺麗である。”

”場所が悪い。田舎にあり交通の便が悪い。”

”独身者は独身寮に、既婚者は社宅に入ることができる。”

 

■研修や教育、スキルアップに関する口コミ

”能力不足を責められることはあまりない。”

”作業マニュアルがあるんで最初はそれ通りに作業を進める事が出来ます。

あとは自分なりに工夫してどう早く作業を行えるかです。”

”入社し3ヶ月程度の短期間で、全体研修を終え、実際の業務に早くから取り組めることは良いことだと思います。”

”基本的には「見て習え」です。”

 

■労働時間や休日などについての口コミ

”2016年ごろから有給休暇は取れるようになってきた。年間20日付与されるが、半分~3/4程度は問題なく取得できる。”

”毎日、残業前提の業務のため、平日は仕事以外はほぼ出来ない。

家庭の理解がないと厳しいかもしれない。”

”基本は土日休み定時5時なのでバランスはしっかりしている。急な休みにも対応してもらえるので安心感はある。”

”研究所内での話ですが、出産前後1か月?は休めますし、出産後は定時前(四時半位)に帰れますので、仕事は辞めずに働き続けることができます。”

”全社をあげてワークライフバランスの改善に取り組みだしており、ノー残業デーの実施など残業時間を少なくする傾向が見られる。”

 

https://jobtalk.jp/company/2464?source=search

 

 

5.ファナックの口コミ&評判を総括

サービスに関する口コミは残念ながらありませんでした。が、窓口での対応や予防保守などのサービスが充実しているので、迅速に対応してもらう事が可能になるといった理由から、様々タイプの機械を扱う企業が気兼ねなく依頼出来るのでは?

また、採用系の口コミを見る限り、同年代、同業種と比較しても高い収入が見込めるので、モチベーションの維持やアップにも効果的と言えるでしょう!

ただし、研修は短期間しか行われないため内容が充実していない可能性があります。

ファナックは残業の多い企業でもありますが、ワークライフバランスの改善にも積極的に取り組んでいるようなので、今後来るであろう「女性活躍社会」においてまた新たな「信頼」を獲得する可能性は充分あり得ますね!

 

 

6.ファナックの業績と株価の「未来」とは?

ファナックの基本情報から、同社が所属する社員や顧客から見れば非常に「安定した企業」である事が明確になりましたが、これまで急成長を続けてきた中国市場を拠り所とし過ぎた影響で、信じていた投資家を大きく不安にさせている状態にある様子。

 

この問題を打破するためには、海外のシェアに頼るだけではなく、第一に「国内の需要」を高める事が最優先かと。幸い、ロボット産業は日本でも大きく注目されていますし、若者らの手でユーモア溢れる商品やアイディアが誕生している今、「自動化」という新たな観点を加えれば、違った方向性から需要を生み出すことも出来るのでは?

 

ファクトリーオートメーションと同じく、まだまだ可能性に満ちた「ファナック」が株価と経済を再度安定させ、中国との関係性も取り戻せる未来は、そう遠くないかもしれません!

関連記事

  1. 業界トップクラスの成長率!オープンハウスをブラック企業診断してみ…
  2. 派遣エンジニアでも成長できる!「UTテクノロジー」を紹介!
  3. 話題のIoTサービスにも取り組む株式会社AMBITION(アンビ…
  4. 引越革命の求人情報をまとめてみた。採用条件・バイトの募集人数など…
  5. 晁向陽氏の東立商事株式会社|採用情報・労働環境
  6. FiNC(フィンク)の採用情報まとめ!企業が大切にしていること・…
  7. アイドル業界のホワイト企業として知られる「アップフロント」とは?…
  8. 「ホワイトな働き方」を続けるために知っておきたい心と身体のコト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP