コラム

森谷式翻訳カレッジで翻訳スキルは身につくのか?そのメカニズムとは!

森谷式翻訳カレッジ

森谷式翻訳カレッジは、プロの翻訳者になるためのスキルが身につくと高く評価されています。

実際に森谷式翻訳カレッジで学び、憧れの翻訳者として活躍している人も多いです。

今回は、働き方をチェンジし、好きな英語を活かした仕事で人生を変えたい人なら知っておきたい、人気の森谷式翻訳カレッジのメカニズムに迫ってみました。

なぜ森谷式翻訳カレッジは高く評価されている?

森谷式翻訳カレッジは、英語を活かして翻訳者デビューを目指す人からはもちろん、翻訳を依頼するクライアント側からも高く評価されています。

なぜ、森谷式翻訳カレッジが注目され、ここまでの人気を勝ち得ているのか理由を探ってみましょう。

翻訳者になりたい人が増えているから

英語が好きで、いつかは英語を活かした仕事をしてみたいと思っている人は多いです。

しかし、英語が活かせる仕事は様々あるものの、狭き門だったり、仕事をする場所が限られていたりします。

しかも、新型コロナウィルスの流行により、英語圏の人と直接的に英語でコミュニケーションが必要となる職種は、業務そのものが縮小の傾向にあります。

その点、翻訳者の仕事は時間や場所に縛られず、好きな英語を活かして安定的に収入を得られる理想の仕事と言えるでしょう。

しかも、翻訳者としてお金を稼ぎながら、日々英語スキルアップできやりがいもあります。

翻訳者になりたい人が増えていることが、森谷式翻訳カレッジの人気上昇理由の1つ目です。

翻訳のニーズが高まっているから

グローバル社会となり、海外と日本との間で行われるビジネスは拡大を続けています。

さらに、インターネット社会ではネットを介して多くの情報が流通します。

日本向けのマーケティングをするためには、日本語でのアプローチが必要です。

しかし、ネット上には自動翻訳を利用した質の低い日本語も多く、意図したマーケティング効果を得られていないケースもあります。

今まさに、日本人が目にしても不自然ではない、質の高い翻訳が求めているため、森谷式翻訳がクライアントに高く評価されています。

トランスクリエーションの技術が素晴らしいから

森谷式翻訳術の大きな特徴はトランスクリエーションです。

一般的な翻訳とは違い、トランスクリエーションは原文の意図を効果的に伝える特殊な技術となります。

マーケティングの分野では、より訴求力の高い翻訳が求められ、普通の翻訳よりも高い報酬を支払ってでも森谷式翻訳術が選ばれています。

森谷式翻訳カレッジ

トランスクリエーションのメカニズム

高い評価を得ている森谷式翻訳術は、クライアントにとって魅力的な翻訳結果を生みます。

だからこそ、森谷式翻訳術はニーズが高く、翻訳者にとっては稼げる翻訳技術です。

そもそも英語を日本語に訳す翻訳技術は、どこで学ぶかによって違いが生まれるものなのか、不思議に感じる人もいるのではないでしょうか。

ここからは、森谷式翻訳術の「トランスクリエーション」のメカニズムに迫ります。

直訳では商品は売れない

トランスクリエーションという造語は、直訳すれば「創造的な翻訳」を意味します。

しかし、日本語が母国語の人でも創造的な翻訳というワードで、ピンとくる人は少ないでしょう。

例えば、トランスクリエーションというワードを、「マーケティング翻訳」や、「訴求力を意識した意訳」と言い換えたとしたら、分かりやすいはずです。

つまり、言語を訳す際には、意図を伝える効果的な表現が大切と言えます。

直訳では商品・サービスの魅力が伝わりにくいからこそ、クリエイティブな翻訳であるトランスクリエーションが求められます。

一般的な翻訳とはメカニズムが違う

一般的な翻訳では原文の「意味」を正確に直訳します。

直訳は、医療や法律などの分野で言語を超えても意味を正確に伝えたい場合に求められる手法です。

しかし、マーケティングの分野では直訳では相手に違和感を与えることも多くなります。

違和感がある説明文を読めば怪しいと感じて、消費者は商品やサービスの購入をためらってしまうでしょう。

そのため、トランスクリエーションの技法では、商品・サービスの魅力が伝わるような表現を使います。

原文が伝えたい「意味」だけでなく、「意図」を表現するのがトランスクリエーションの強みです。

ブランディング戦略やメッセージ性、ブランドイメージなど様々なマーケティング要素、そして文化や市場で魅力が伝わるような日本語表現力を使ってコピーを作るのがトランスクリエーションの仕組みとなります。

森谷式翻訳カレッジ

森谷式翻訳カレッジのカリキュラム特徴について

森谷式翻訳術を身につけたいと思っても、そもそも今の自分の英語レベルが森谷式翻訳カレッジのコースについていけるのか不安な人も多いでしょう。

ここからは、質の高い翻訳技術であるトランスクリエーションが学べる森谷式翻訳カレッジに、どのようなコースが用意されているかを確認していきます。

森谷式翻訳カレッジの概要は?

基本的に翻訳者の仕事には高い英語力が必要です。

そのため、森谷式翻訳カレッジでは英語力を高めるためのカリキュラムが設定されていて、必要なレベルまで段階的に学べるようになっています。

初心者から最短最速で翻訳者デビューを目指せる仕組みです。

そして、トランスクリエーションに特化した学びができ、講師は第一線で活躍中の現役翻訳者が務めています。

また、翻訳スクールでは珍しく完全オンラインスクールを開講しているので、自宅での受講が可能です。

さらに、森谷式翻訳カレッジではスクール卒業後のキャリアサポートも実施しているので、実際に稼げる翻訳者になりやすいと言えます。

複数のコースが用意されている

森谷式翻訳カレッジには2つのコースが用意されています。

通常コース、マンツーマンコースの2つのコースは、随時受講が可能です。

通常コースとマンツーマンコースの受講期間は6ヶ月となっています。

ビジネスに活かしたい人におすすめです。

森谷式翻訳カレッジ

口コミは?

森谷式翻訳カレッジで学んだ人の口コミからは、稼ぎながら学べる点が高く評価されていました。

デビューして稼ぎながら学べるのが森谷式翻訳術の長所。 正直、私のように本業が忙しい者には稼ぎ始めるのに何年も勉強するなんて余裕はない。

https://www.britishkodalyacademy.org/english-teaching-materials/moriya-style-translation/

また、生きがいを感じながら仕事ができると語っている人もいます。

前職は誰もが認めるブラック企業で働いていましたが、その労働環境と比べたら、仕事がとても緩く、むしろ楽しく思えるほどです。 実際、ブログ記事やYouTube動画などの翻訳や字幕を作成するときは、誰よりも早くその内容を楽しめるので、強がりとかではなく本当に仕事が楽しいです!

https://www.companyweb-db.com/2021/03/26/moriyasikihonyaku-transcreators/#i-11

株式会社トランスクリエイターズと森谷祐二さんについて

森谷式翻訳を生んだ森谷祐二さん自身、過労により体を壊して翻訳会社に転職、翻訳の試験合格からたった3ヶ月で月収100万円を超えたという実績がある人物です。

森谷式翻訳カレッジの運営会社である株式会社トランスクリエイターズは2021年1月7日に設立されているので生まれて間もない新しい会社となります。

東京都港区三田にオフィスを構えて、新しい時代に必要とされる翻訳技術を伝える新しい会社と言えるでしょう。

森谷式翻訳カレッジのメカニズムのまとめ

翻訳業界で高く評価されている森谷式翻訳カレッジいついてご紹介しました。

グローバル化したネット社会では、単純な直訳ではなく現地で伝わるニュアンスまでメカニズムで考えた特殊な翻訳技術が必要です。

森谷式翻訳カレッジでは、これからの社会でますます必要となる翻訳スキルであるトランスクリエーションが学べます。

新しい時代の新しい働き方として翻訳者を目指すなら、森谷式翻訳カレッジで学んでみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. ○○な人材が欲しい、出版業界の採用事情
  2. 働き方改革の現状と課題
  3. シロカの電気圧力鍋を使ってみた。無水調理、蒸し調理からチャーハン…
  4. トスワーク電話がかかってきた人必見!実績が物語るスカウトの凄さと…
  5. エールエステ 山田教授も太鼓判!泣けるほど美味しいトーストをご家庭で
  6. 痩身で評判のエステ「株式会社AILE(エール)」の会社の魅力とは…
  7. コロナの夏、出勤中心配な〇〇、対処法は?
  8. お疲れ度が分かる心理テストやってみません?
PAGE TOP