Great企業特集

株式会社ノーバル・ホールディングスは信頼性がある?事業の安全性について解説

私たちの生活に欠かせないエネルギーの1つである電気は、もはやなくてはならない存在です。
家庭のエネルギーを全て電気で賄っている所もありますが、資源がなくなってしまえば便利なものほど不便を感じてしまうでしょう。

さらに私たちが使用しているエネルギーは、化石燃料などは地球に限りなく存在しているものではないため、いつか底をつく可能性があります。
また化石燃料は二酸化炭素を排出する温室効果ガスの1つであり、環境汚染や破壊を引き起こし、地球温暖化を加速させてしまうでしょう。

そこで注目されたのが再生可能エネルギーです。
株式会社ノーバル・ホールディングスは、再生可能エネルギー事業に取り組む会社で茨城県の太陽光会社ではナンバー1となっています。
しかし、再生可能エネルギーである太陽光発電や、エネルギー事業において不安に感じる方がいるのも事実です。
ここでは、株式会社ノーバル・ホールディングスは信頼できるのが、事業の安全性はどうなのかを検証していきます。

株式会社ノーバル・ホールディングスの事業内容や事業進行について

株式会社ノーバル・ホールディングスは、再生可能エネルギー事業を中心としています。
ここでは、株式会社ノーバル・ホールディングスの事業内容や事業進行について解説していきましょう。

事業内容や会社概要

【株式会社ノーバル・ホールディングス】
資本金:50,000,000円
事業目的:純粋持株会社として子会社の管理を担当
本社:茨城県つくば市島名4372番地(区画整理番号:市諏訪C22街区7画地)
代表取締役:平文 俊全、平文 暉朗(共同代表)
外部取締役:園 博昭
事業目的:純粋持株会社として子会社の管理を担当

株式会社ノーバル・ホールディングスは、主な事業として純粋持株会社として子会社の管理を担当しています。

純粋持株会社とは合同会社ノーバル・テクノロジー、合同会社ノーバル・ソーラー、合同会社ノーバル・ウインドのことです。

合同会社ノーバル・テクノロジーの事業内容はエネルギー事業の企画、開発及び管理、機器と資材の調達及び販売、不動産の取引、発電設備等の設計です。
合同会社ノーバル・ソーラーは太陽光発電設備の保有、
合同会社ノーバル・ウインドは風力発電設備の保有を行っています。

この3社の管理を担当しながら、再生可能エネルギーの普及を目的とした開発や他社の発電所建設の助成業務、共同投資事業なども取り組んでいます。

事業進行について

株式会社ノーバル・ホールディングスでは、太陽光発電の事業において多くの実績を誇っています。

太陽光発電に関しては、茨城県を中心に栃木県や千葉県、鹿児島県や熊本県にも設備を所有していますが、福岡県の設備に関しては現在周辺住民からの反対運動が行われているのです。
対象となっているのは、福岡県飯塚市幸袋地区に計画している太陽光発電設備の建設ですが、この地区は多数の業者が太陽光発電設備の建設を計画していることが分かっています。

その結果、株式会社ノーバル・ホールディングスの子会社である合同会社ノーバル・ソーラーの工事計画と他社の工事計画が間違って認識されてしまっている状態でもあるようです。

合同会社ノーバル・ソーラーの事業計画内容は、工事期間を2019年4月着工、2020年3月竣工予定と期間を設け、建設予定地の地歴も説明しています。
この予定地は、過去に石炭関連や製鉄関連企業が保有していたもの、そしてこの計画に関連する行政の許認可からも法令等に準拠していると記載されています。

確認すると、都市計画法は適用外、蔵文化財保護法の該当なし、
土砂災害ハザードマップは県指定警戒区域外、県指定特別警戒区域外であることなどが分かります。

株式会社ノーバル・ホールディングス側の対応は、地域住民の不安を真摯に受け止めて少しでも問題解消できるような対応だと考えられるでしょう。

ノーバル・ホールディングスの実績紹介や実行フローについて

株式会社ノーバル・ホールディングスの現在の実績や実行フローはどのようになっているのでしょうか?

ノーバル・ホールディングスの現在の実績

・NOVAL SOLAR 1:茨城県つくば市
・NOVAL SOLAR 2:茨城県常陸大宮市
・NOVAL SOLAR 3:茨城県常陸大宮市
・NOVAL SOLAR 4:千葉県香取市
・NOVAL SOLAR 5:千葉県香取郡多古町
・NOVAL SOLAR 6:栃木県芳賀郡市貝町
・NOVAL SOLAR 7:栃木県芳賀郡市貝町
・NOVAL SOLAR 8:栃木県芳賀郡市貝町
・NOVAL SOLAR 9:茨城県常陸大宮市
・NOVAL SOLAR 10:茨城県霞ヶ浦市
・NOVAL SOLAR 11:茨城県北茨城市
・NOVAL SOLAR 12:茨城県つくば市
・NOVAL SOLAR 13:千葉県印西市
・NOVAL SOLAR 14:茨城県日立市
・NOVAL SOLAR 15:茨城県桜川市
・NOVAL SOLAR 福岡:福岡県飯塚市
・NOVAL SOLAR 霧島:鹿児島県霧島市
・NOVAL SOLAR 熊本:熊本県錦町

実行フローについて

ノーバル・ホールディングスの実行フローですが、以下のような手順で行われていきます。

①用地の取得
用地取得前に土地の所有者の調査や持ち主と交渉し、
お互いの条件を合わせていきます。
どのような土地でも発電事業が可能とは限らないので、一定期間調査をした後に契約します。

②行政への確認
開発候補地によって法令や条例が異なるため、様々な内容を確認します。
候補地に合わせて開発許可や転用許可を取得していきます。

③設計
地形や面積などの制約条件を考慮し、発電規模を決めていきます。
この時点で設計していきますが、通常はこの後に電力会社との協議や土木工事の結果で修正します。
④系統連系協議や事業計画認定の取得
電力会社と系統連系方法や費用の負担などを話し合い、経済産業省へ申請します。
電力会社と接続契約を行ったら、固定価格買取制度に基づいて売電単価確定となります。
⑤発注
工事進行スケジュール、資材や工事要員の手配へと移ります。
海外から資材を取り入れる場合、輸送や通関手続きなどの時間を含めて調整します。
⑥造成
周辺環境や遵法性に配慮しながら土地を造成していきます。
地形により工事期間が変わってきます。
⑦建設
建設が始まります。
発電設備や警備システム、外周フェンスなどを設置します。
1~2メガ規模なら約2.5ヶ月工事期間があります。
⑧完了
電力会社の送電網に設備が連携されたら完成です。
この後は定期メンテナンス、非常時対応がポイントです。

 

エネルギー事業の将来性

現在、積極的に取り組まれている太陽光発電などの再生可能エネルギーは、将来どのような存在になっていくのでしょうか?

地球温暖化抑制のためには、二酸化炭素排出量の大幅な削減が必要とされています。
しかし、原子力発電や火力発電などが盛んに行われている以上、環境に優しいとはいえないでしょう。

このような燃料を抑える代わりに、自然から生み出される太陽光や風などの再生可能エネルギーを今より普及させることができれば環境に優しく、私たちの住む地球を守ることにもなるでしょう。

また、普段使うエネルギーを消費しないように我慢するのではなく、
エネルギーの合理的な消費や省エネの普及を進めることもエネルギーの将来を明るくしてくれます。

再生可能エネルギー事業は今後ますます注目され、普及していく事業であることから、将来性も期待できるでしょう。
また再生可能エネルギー事業に取り組み、積極的な発電用地を保持するノーバル・ホールディングスの将来性も明るくなるでしょう。


まとめ

茨城県の太陽光会社NO.1であるノーバル・ホールディングスは、再生可能エネルギー事業に積極的に取り組んでいる会社です。
茨城県には多くの太陽光発電設備を保有しているため、実績も多くなっています。

福岡県飯塚市では、発電設備の建設において地域住民と行き違いになってしまった部分もありますが、これに対しても適切な説明や対応を行っています。
将来性がわからないものは不安が生じてしまっても仕方ない部分もあるでしょう。

しかし、再生可能エネルギー事業は国でも積極的な取り組みが行われています。
再生可能エネルギーは、地球に優しいエネルギーであり、国の取り組みからも信頼できるものでしょう。

関連記事

  1. ファナック株式会社の高収益率の秘密について
  2. 日本初の「睡眠報酬制度」を導入した『株式会社CRAZY』について…
  3. 派遣のイメージを変える!「UTグループ株式会社」とは?
  4. 森谷式翻訳術 森谷式翻訳術で翻訳のスキルアップは可能なのか?森谷式翻訳術の特徴…
  5. 謎が多い日本大学事業部に迫る!大学の収益源に!?
  6. 晁向陽氏の東立商事株式会社|採用情報・労働環境
  7. Do you know 本 トライグループとは!?家庭教師のトライでお馴染みのトライグループ…
  8. 実はよく見る。「jp」ドメインの管理会社「株式会社日本レジストリ…
PAGE TOP