働き方HACK

職場で成長したいあなたへ、「失敗の活かし方」を学んでみては?

仕事をしている中で、時には失敗してしまうこともあるでしょう。失敗をすれば落ち込んでしまい、仕事を辞めたいとまで思ってしまうことがあるかもしれません。しかし、失敗は成長するために必要なものでもあります。そのため、失敗をしないようにするのではなく、失敗をした時にどうしたら良いのかを考えた方が自分のためになります。今回は、失敗をしてしまった時に知っておきたい「失敗の活かし方」についてご紹介しましょう。

 

失敗を成長につながる反省方法がある!

失敗というものは、仕事につきものですし、経験値を高めるために必要なものだと言われています。しかし、失敗をしたらしっかりと反省をしなければ成長することはできません。ただ後悔をするだけでは何も変わらないので、失敗を成長につながる反省方法を知っておくことが大切になるのです。
では、失敗を成長につながる反省方法とはどのようなものか見ていきましょう。

できるだけ早急に誠実に謝罪する

最初にしなければいけないことは謝罪です。ミスやトラブルによって相手に迷惑をかけているため、信頼を取り戻すことをまずは考えなければいけません。そのためには、早急で誠実な謝罪が有効です。その時に、どうして失敗してしまったのかをしっかり説明することによって、許してもらえる可能性も高くなるでしょう。

客観的な視点を持つ

失敗してしまうとどうしても主観的な見方しかできなくなってしまう傾向があります。そして自己嫌悪になってしまうとネガティブなスパイラルに突入することになります。そのような事態を避けるためにも客観的な視点を持つことが大切です。失敗の体験をしっかりと受け止め、どのような原因で起こってしまったのか、どうすれば失敗しなかったのかなどを具体的に理解していくことで、同じ過ちを繰り返す可能性が大幅に軽減します。原因をはっきりさせるためには、紙に書き出したり、信頼を置ける人に相談したりすると良いでしょう。このように自分を客観的な視点で見る癖がついていくと、大人としてさらに成長していけます。

失敗を活かせるような行動指針を自分の中に持つ

人間は、好奇心・持続性・柔軟性・楽観性・冒険心を持つことによって、積極的に動けるようになります。そして、自分自身の身に起こった出来事をステップアップにつなげていけると言います。つまり、仕事をしている中でキャリアアップをしていきいのであれば、好奇心、持続性、柔軟性、楽観性、冒険心を持つと良いということになるのです。また、このような気持ちを持って入れば、例えミスをしてしまっても改善策を見つけやすくなります。
そのため、失敗を活かせるような行動指針を自分の中に持つことは重要だと言われています。

反省をどのように活かすか公言することも大切

失敗したことを反省し、成長に活かしていくためには、新たな行動へつながる必要があります。その時に効果を発揮するのが多くの人の前で公言する「パブリックコミットメント」です。多くの人の前で公言することで、自分自身が言ったことが嘘にならないように注意を払うようになります。そのため、成長に活かすための行動に移りやすくなるのです。失敗を成長につながる反省方法には、このようなものがあります。考え方を少し変えるだけでも成長につなげられるので、今まで意識していなかったかもしれませんが、これからは意識をしてみると良いでしょう。

 

失敗をしてしまったら具体的な改善策を実行しよう

失敗したことを反省するだけでは、結局何も変わりません。失敗をしてしまったのであれば、具体的な改善策を考え、それを実行しなければいけないのです。改善策を実行するまでには時間がかかってしまう可能性もあるでしょう。しかし、同じ失敗を繰り返さないためには時間がかかってもいいので、前に進まなければいけません。失敗したことで気が付いた反省点を先延ばしにしても、いつの間にか失敗しなくなるということはほとんどないので、先延ばしにしても良いことはないのです。

具体的な改善策を考えても、それが失敗に終わってしまう可能性ももちろんゼロではありません。もしそうなってしまった場合は、落ち込むのではなく辛抱強く粘ることも必要です。そうしなければ、結局成長はできないのです。特に1番最初に考えた改善策は、上手くいく可能性が低いと思っておいた方が良いでしょう。もしかして同じ失敗を改善策を講じても繰り返してしまう可能性もあります。それでは、何のために改善策を考えたのか分からなくなり、悔しくなります。しかしそれは、改善策の方向性が間違っていただけなので、少し方向性を変えてみるなどの修正を行えば良いのです。試行錯誤を繰り返しながら、少しずつ前に進むことが大きな成長につながります。なかなか上手くいかなくても、投げ出すのではなく辛抱強く結果が出るまで粘ってみてください。

 

しっかりと反省ができる人ほど伸びしろがある

失敗してしまったことをただ後悔し、ネガティブに考え続けているだけでは何も変わらないどころか、負の連鎖に巻き込まれてしまいます。それでは失敗を繰り返してしまう可能性を高めることになります。中には失敗してしまったことを、「たまたま運が悪かっただけだ」とか「調子が悪かっただけだ」、「○○のせいで失敗した」というような言い訳をして反省をしないというのは論外です。そのような考え方を持ち続けているのは、自分で自分の成長を妨げていることになるので、考え方を改める必要があるでしょう。

本当に成長できる人というのは、仕事で良い結果が出た時にも反省しています。良い結果が出ても有頂天になるのではなく、些細なミスでもしっかりと反省をしなければいけません。総合的にみると良い結果かもしれませんが、その些細なミスが後々の大きなミスにつながる可能性もあるからです。また良い結果を残せた時に、良くなかった部分をしっかり反省することで浮かれることなく冷静で居られます。冷静な分析がしっかりとできれば、次の仕事も良い結果を残せる可能性が高くなるでしょう。

なぜかというと、冷静に分析できれば、良かった部分といまいちだった部分をしっかりと判別でき、次回に活かせるからです。次回に活かすことができれば、それはさらなる成長につながります。成功したことで慢心してしまう人もいるのですが、それでは自分で自分の成長を止めていることになるので、職場で成長していきたいのであればそのような考えは改めた方が賢明だと言えます。

失敗をしてしまうとどうしてもネガティブな感情に襲われ、自分に自信がなくなってしまうというケースもあるでしょう。しかし、失敗は成長するために必要なことだったりします。そのため、今回紹介した失敗を成長につながる反省方法や失敗してしまった時の具体的な改善策を考える有効性を知っていれば、失敗を成長につなげられるのです。

それだけではなく、「たまたま運が悪かっただけだ」とか「調子が悪かっただけだ」、「○○のせいで失敗した」というような言い訳をするのではなく、どんな時でも主観的に反省する癖をつけるようにしましょう。そうすることで、どんな時でも冷静に自分自身を観察でき、より大きな成功を収めるためのヒントを見つけることもできるはずです。もしも職場で今以上に成長をしたいのであれば、「失敗の活かし方」を身に付けることをおすすめします。

関連記事

  1. 日栄商事 不動産営業は大変!?従来のイメージを覆す日栄商事の働き方
  2. 部下に好かれる上司と嫌われる上司の違い 苦手な上司と上手く付き合…
  3. 大手企業の「平均年収」には魔法がかかっている!?「平均年収」に騙…
  4. あなたの会社も当てはまるかも・・・ じつは意外と多い「グレーゾー…
  5. SBSリコーロジスティクスやリョウエイ物流等…「物流は稼げる」の…
  6. 外国人が日本での就労を目指す理由 問題点は?
  7. 接待&会食マナーをマスターして「できる女性」になろう!…
  8. 「看護師採用」に興味がある人必見!病院で働くことの「ブラック・ホ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP